飛ぶゴルフボールランキング2018-2019

近年、テクノロジーの発展によって、ボールの性能が飛躍的に向上。ドライバーでは低スピンで飛ぶけれども、ショートゲームではスピンが効く、そして打感もいい、というオールマイティなボールが出てきています。今や飛ぶだけ、スピンが効くだけ、というだけでは全く通用しない時代になりました。
今ランキングでは、単に飛ぶというだけでなく、実戦でキッチリ使える飛ぶボールをご紹介します。
第一位:ミズノ JPX DE

ヘッドスピードが速い方でも平均的な方でも遅い方でも飛びます。
世界最多のディンプルが飛ぶための空気抵抗を生み出しているのでしょう。
⇒JPX DE 使用者の口コミ・評価はこちら

第二位:ブリヂストン PHYZ

シニアや女性に人気のPHYZの2017年モデル。
非常に柔らかいコアがインパクトでしっかりたわんで大きなキャリーで飛ばすことが出来ます。
⇒PHYZ 使用者の口コミ・評価はこちら

第三位:テーラーメイドTP5X

今、最も注目を集めるツアーボール。
ダスティンジョンソンやローリーマキロイ、ジェイソンデイ、ジョンラームという世界トップ選手たちが使用するボール。
5層構造でコアは非常に柔らかく、外に行くほど硬くなっています。
高い弾道+低スピンで飛んで止まる球を実現します。
⇒TP5X 使用者の口コミ・評価はこちら

第四位:ブリヂストン ツアーB X

宮里優作、片岡大育、時松隆光、尾崎将司など非常に多くの大物選手たちが使用し、結果を出しているツアーB X。風に強い力強い弾道で、飛距離とスピン性能を両立した最強ボールとの呼び声もあります。
⇒ツアーB X 使用者の口コミ・評価はこちら

第五位:SRIXON Z-STAR XV

松山英樹選手が使用するZ-STAR XV。
日本ツアーで最も多く使われるモデルで、
世界で一番飛ぶツアーボールを目指して作られたボールです。
Z-STAR XVは、これまでも飛距離性能が注目されていましたが、
2017年モデルはコアを改良して、スピン量はそのままに飛距離性能を向上させました。
⇒Z-STAR 使用者の口コミ・評価はこちら

【非公認No.1】:キャスコ ゼウス インパクト

このボールは文句なく飛びます。
反発係数が最も高く、ボールも一回り小さいです。
打感やスピン性能と言った面でも
決して悪くないです。
ごく普通に使える飛ぶボールです。
⇒キャスコ ゼウス インパクトの詳細はこちら

フェースを返して打つことで飛ばすことが出来る

飛ばないと悩むアマチュアゴルファーが多いですが、根本的にゴルフスイングについて間違った知識を持っている方が多いようです。

インパクトゾーンのクラブの動かし方ですが、皆さんはどのように考えていますか?
フェースの向きをできるだけ目標方向に真っ直ぐ向けて動かす?長いインパクトゾーンってフェースの向きを真っ直ぐ長く?
そんな風に考えている方も多いのではないでしょうか。

実は、間違いです。
フェースは返すものです。開いて入ってきたフェースがしっかりとローテーションして返していくのが基本です。

ドライバーショットでもアイアンショットでも同じです。
アイアンショットでは、フェースを返していくことで、低く長いインパクトゾーンを作ることが出来、大きなターフを取れるようになります。

プロが直ドラを打ちますよね?ティアップせずに地面の上にあるボールを打つことですが、プロは出来ますがほとんどのアマチュアは出来ないと思います。プロはちゃんとフェースを返すから地面にあるボールをドライバーでも打つことが出来ます。アマチュアは真っ直ぐフェースを出そうとするので、フェースに当たったとしても下に当たって低いライナーしか出ません。

フェースを返すということは、ゴルフスイングの基本中の基本です。ここからはじめれば、ゴルフの上達は非常に早いです。


スポンサードリンク


ボールのどこを打つのが正解?

皆さんは、ボールのどこを打とうとしていますか?

例えば、アイアン。
・リーディングエッジがボールの真ん中(赤道)部分に上から入ってくる
・スコアラインの下から2本目あたりがボールの真ん中(赤道)部分に入ってくる
・地面すれすれにアイアンが下りてきて、地面をこするようにボールにヒットする

いくつか答えがあるかと思います。
私自身、これら全て聞いたことがあります。ゴルフ雑誌にも全部載っています。

実際に、イメージはプロでもそれぞれ違いますが、事実として赤道部分にリーディングエッジから入ってくることはありません。地面すれすれにアイアンが下りてきて、地面すれすれでボールをヒットしています。

「それだとダフるんじゃない?」
と感じた方はインパクト前にヘッドをしゃくるような動きが入っている、外からヘッドが入ってきている、ヘッドを返すことが出来ていない、という問題点があるはずです。

ダウンスイングでは、インサイドの低い位置にヘッドが降りてきて、そこからヘッドを返していくことでクリーンにボールをとらえて、ボールとコンタクトした直後にターフを取ってフォローへ抜けていきます。


スポンサードリンク


値段が安いボールは飛ばない?

値段が安いボールは飛ばないでしょうか?

ゴルフボールは、プロが使用するツアーボールは、定価で1球700円くらいとかなり高額です。このボールを朝一のティーショットでOB・ロストしてしまうと、本当に悲しくなりますね。NEWボールを朝一で紛失して、勿体ないから次から安いボールを使うなんてこともあるでしょう。何故か安いボールはすぐにはロストせずに長持ちするんですよね(苦笑)ゴルフあるあるです。

では、値段が安いボールって飛ばないでしょうか?
結論から言うと、有名メーカーの安いボールは、普通に飛んでくれます。タイトリストやSRIXONと言った有名ブランドのボールでも、比較的安いモデルがありますが、どのモデルもしっかり飛んでくれます。もちろん、打感やスピン量などは違います。

ただ、見たことのないようなメーカーのボールは、著しく飛ばないボールも結構あります。打感も最悪だったりします。今、100均でゴルフボールが打っているところもあるようですが、それよりは有名メーカーの安いボールをお勧めします。

タイトリスト HVC ソフトフィール

ゼクシオプレミアム2018 ふるさと納税

人気のゼクシオプレミアムボールの最新2018年モデルが、早くもふるさと納税の返礼品として登場しました。

高い打ち出し角からの低スピンボールで、ビッグキャリーが期待できます。

インパクト時にソフトなコアがしっかりとたわんでくれますので、スピン量が少なくなります。これはバックスピン量だけでなく、サイドスピン量も少なくなるということですので、曲がり幅も少なくなってくれます。実は、ドライバーを変えるよりもボールを変えた方が、ボール飛距離やコントロール性能に差が出る場合もあります。是非お試しいただければと思います。

更には、ふるさと納税の返礼品として手に入れることで、実質負担が2,000円で3ダースももらえる自治体があります。ゼクシオプレミアムは高性能なボールであるので、お値段も少し高いのですが、ふるさと納税を有効に使うことでお得に手に入れることが出来ます。

【ふるさと納税】ゴルフボールゼクシオプレミアム2018モデル3ダース36球

JGRボールがふるさと納税の返礼品でもらえる

ブリヂストンから登場したNEWモデル「JGR」ボール。
早くも、ブリヂストンの御膝元である福岡県久留米市では、ふるさと納税の返礼品として提供されています。

【ふるさと納税 福岡県久留米市 JGRボール】

寄付金額に応じて、1ダースか3ダースを選ぶことが出来ます。どちらにしても2000円を引いた額が、翌年の税金から控除されますので、実質負担が2000円で返礼品をいただくことが出来ます。
一時的には、多くの金額を支払うことになりますが、2000円を引いた額が控除されますので、実質負担が2000円ということになります。

JGRボールが発売開始。低スピンで真っ直ぐ飛ばせるボール

ブリヂストンから新しいボールが登場しました。
プロも使用する飛ぶドライバーであるJGRは有名ですが、それと同じJGRという名前が付いたボールが誕生しました。

ブリヂストンJGRボールの詳細はこちら

このボールの特徴は、ボール全体として、外側が硬くて、内側になるにつれて柔らかくなるという構造をしています。
jgr-boal

これによって、インパクトでの球の弾きは非常によく初速が上がってくれます。また、インパクトでしっかりとボールが潰れてくれますので、スピン量が少ない球が飛んで行ってくれます。

ドライバーでもアイアンでも飛距離を出したいという方に大変おすすめのボールです。
また、ロングショットでのスピン量が少なくなりますので、球の曲がりも比較的少なくなります。飛んで曲がらないボールが欲しいというアベレージゴルファーには最高のボールなのではないでしょうか。
さらに、インパクトで球がフェースに乗る感覚が出やすく、打感の良さとして感じることが出来ます。

すでに実際に使用している方々の口コミ・レビューがゴルフダイジェストオンラインに寄せられています。
これからのゴルフシーズンに向けて、どのボールを使おうかと検討されている方には、是非参考にしていただきたいと思います。
⇒JGRボール 使用者の口コミ・評価はこちら

ゲーリー・ウッドランド 使用ボール

ゲーリー・ウッドランド選手がウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープンで久々の優勝を飾りましたが、この時使用されていたボールが、ブリヂストンのツアーB Xボールでした。
ブリヂストンとは契約していませんでしたが、オフにさまざまなボールをテストしていくなかで、風に強くて飛距離が得られ、自分のパフォーマンスに合った、ということでチョイスしたとのこと。

最近は、テーラーメイドやタイトリスト、SRIXONのボールが勢いがあるのですが、一昔前まではブリヂストンのボールが世界中で非常に評価が高い時代がありました。そして今、再び、ブリヂストンのボールが評価を受け始めています。
タイガーウッズやレキシー・トンプソンと言った世界トップ選手が、契約外でブリヂストンのボールを選んだことから、契約に至ったという経緯があったりと、契約外の選手がブリヂストンを選ぶことが増えてきています。それは、当然ですが、お金ではなくボールの性能が良かったからにほかなりません。

今回ウッドランド選手が使用したツアーB Xボールは、宮里優作選手や片岡大育選手、時松隆光選手、レキシートンプソン選手、ブライソン・デシャンボー選手と言ったトップ選手が使用するモデルです。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ゴルフボール TOUR B X (1ダース 12球入り) 8BWXJ Bマーク ホワイト

ゼクシオプレミアムボール 2018 評価

ゼクシオのプレミアムボールが登場しました。

高級感のある輝きを放つボールで贈答品に使われることが多いボールです。
この輝きは、高級車に使用されている高輝度顔料をコーティングすることで得られています。
xxio-premium
もちろんゴルフボールとしての性能も非常に高くなっています。
コアは非常に柔らかく、そして反発力の高いものが使われており、ロングショットでは高い打ち出し角からの低スピンで飛ばすことが出来ます。今どきの低スピンドライバーとの組み合わせで、高く打ち出されたボールがなかなか落ちてこないロングショットが期待できます。

カバーは、アイオノマーとなっていますが、非常にソフトなものとなっており、優れたアプローチスピン性能と心地よいソフトなフィーリングを実現しています。

【18年モデル】 ゼクシオ プレミアム ゴルフボール 1ダース (12球) XXIO PREMIUM DUNLOP ダンロップ

スピン量の少ないボールが飛ぶ?

「ドライバーショットでは低スピン」を売りにしているボールがたくさん出てきています。

今、ドライバーもボールも「低スピン」を前面に押し出すモデルが多くなってきています。

低スピンって本当に飛ぶのでしょうか?

確かに、ヘッドスピードが速い方の場合、スピン量が多くなりすぎ吹け上がって飛距離をロスすることが多くあります。またスイング的にスピン量が多いタイプの方も同様に飛距離をロスすることもあります。

しかし、ヘッドスピードが遅い方やそもそもスピン量が少ない方が、スピン量が少ないドライバーとボールを使ってしまうと、球が上がらなかったり、ドロップして飛距離をロスしてしまう可能性があります。

アイアンでも最近は、打ち出し角が高くスピン量が少ないモデルが出てきていますが、それと低スピンボールを組み合わせると、逆に飛距離を落としてしまう可能性があります。

ボールを選ぶ際には、ご自身が今使っているドライバーで、どういう球が出ているのかをチェックして、最適なボールを選ばれると良いでしょう。


スポンサードリンク


キャロウェイ ローグ ドライバー 発売日

キャロウェイからNEWモデルのローグドライバーが発売されます。

まずは、アメリカで2月9日に発売開始となります。そして、日本では、2月23日に発売開始です。

ドライバーは全部で4タイプ。
ローグドライバー(日本・USモデル)

ローグスタードライバー(日本モデルのみ)

ローグサブゼロドライバー(日本・USモデル)


ローグドロードライバー(USモデルのみ)

rogue-draw