ゼクシオ11ボール 試打評価

ゼクシオ11シリーズの発売に合わせて
ゼクシオ11ボール
ゼクシオXボール
が発売されました。
xxio-11-x-ball

ドライバーだけでなくアイアンも飛ぶ

この二つの新しいボールは、ドライバーだけでなくアイアンショットでも飛ぶことを目指して開発されました。
前のゼクシオボールであるは、ゼクシオ SUPER SOFT Xは、とにかく柔らかいボールを作り、スピン量を少なくして飛距離アップを狙いました。ヘッドスピードがそれほど速くないプレーヤーが飛ばすには、ボール初速を上げるよりもスピン量を少なくする方が効果的だと考えられていたからです。

今回のゼクシオ11ボールは、カバーを硬くしました。そして中間層の反発力を上げました。そして、コアをより柔らかくしました。これによって、外剛内柔化を進めました。これによって、スピン量をより少なく、またボール初速をアップさせました。

その結果、ドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンまで飛距離アップを実現しています。


★BlackFriday値引きクーポン配布中★《今日だす》【小型宅配便/コンビニ受取可】ダンロップ ゼクシオ11(イレブン) ボール (ホワイト) [1ダース]

ゼクシオ11とゼクシオXボールの違いは?

まず両者の違いですが、ゼクシオ11ボールに関してはゼクシオ11がターゲット層とするヘッドスピード38m/s~39m/sくらいの方が気持ちよく飛ばすことが出来るボールとなっています。それに対して、ゼクシオXボールに関してはゼクシオXがターゲットとするヘッドスピード40m/s~42m/sくらいの方が気持ちよく飛ばすことが出来るボールとなっています。

これまでヘッドスピードが40m/s~42m/sくらいのゴルファーは、SRIXONのボールを使う方が多くいらっしゃいました。実は、それくらいのヘッドスピードでは、SRIXONの美味しい性能が十分に発揮できませんでした。スピン性能が十分に発揮できず、また飛距離も思うように出なかったり・・・。
そこでゼクシオXボールは、これらのヘッドスピード帯の方が、飛んでスピンがかかるボールということで、一から開発が勧められました。

DUNLOP(ダンロップ) ゴルフボール XXIO ゼクシオ エックス ゴルフボール 1ダース(12個入り) ホワイト

スポンサードリンク

コメントを残す