初心者向けゴルフボール

初心者の方におススメのゴルフボールがあります。

ポイントは3つ。
・安い
・曲がりにくい
・飛びやすい

ボールによって
曲がりにくいとか
飛びやすいってあるの?
と思われるかもしれませんが、
実は全然違います。

オススメは、ボールの芯が柔らかく
カバーと言われる表面が硬いボールです。

これですと、ドライバーショットでは
スピンが少なく曲がりにくいです。
さらにスピンが少ないことで
飛距離も出ます。

オススメのボールはこちら

NIKE RZN RED詳細はこちら

JPXプラチナム 口コミ評判

JPXプラチナム。
世界最多ディンプルというキャッチフレーズ。

ゴルフ雑誌アルバの調査では、
No.1の飛距離性能でした。

ドライバーでの打感は非常に柔らかいです。
そして打ち出し角が高い。
高弾道・低スピン。
確実に飛ばすことが出来るボールですね。

アプローチのスピンは
ディスタンスタイプとしては多い方です。
アプローチでも打ち出し角が高いので
ある程度止めることが出来るボールです。

JPXプラチナム詳細はこちら

ウレタンディスタンスボールって飛ぶ?

ウレタンディスタンスボールが
第3のゴルフボールとして
随分と注目を集めるようになってきましたね。

これまでは、
・スピン系
・ディスタンス系
と大きく二つの種類に分けられていました。

スピン系はコアが硬くてカバーが柔らかい。
ディスタンス系はコアが柔らかくカバーが硬い。

これが主流でした。

私自身も思っていましたが、
コアが柔らかくて
カバーも柔らかいボールはダメなの?
って考えていた方は多かったはず。

それがメーカーさんの努力で
登場し始めました。

ドライバーでは、
コアがキッチリと潰れてくれて
低スピンを実現。
低スピンなので、飛ぶし曲がらない。

そして、アプローチなどのショートゲームでは、
柔らかいカバーがフェースに絡んでくれて
激スピンを生んでくれます。

そんなウレタンディスタンスボールはこちら↓↓


ブリヂストンB330RXの詳細はこちら

【超ドドンパ祭開催中!】【3ピースウレタンボール】2014モデルテーラーメイド日本正規品PROJECT…

Callaway(キャロウェイ) CHROME SOFTボール 12P 6421252120044 ホワイト

タイトリストボールVelocity 評価

タイトリストのボールで
飛距離に特化したボールと言えば、
このVelocity。


2014モデルタイトリスト日本正規品Velocity(ベロシティ)ゴルフボール1ダース(12個)

タイトリストの中では
値段も安いので
使っている方は多いですね。

飛距離にこだわったボールですが
アプローチでの打感も悪くないです。

ディスタンス系でスピンがかかるボール

ディスタンス系というと
アイアンやアプローチでも
スピンがかかりにくいという
イメージがあるかと思います。

それだとラウンドで使うことは
難しくなります。

しかし、今、
・スピン系
・ディスタンス系
の二つに加えて
・第3のボール
と言われる飛んで止まるボールがあります。

その中でも飛んで止まると話題になっているのがこの二つ。

【在庫限りの最終放出】キャロウェイ日本正規品LEGACY BLACK「レガシーブラック」ゴルフボール…

B330RX最安値店はこちら

PROV1とZ-STARどちらが飛ぶ?

日本人プロゴルファー使用率
No.1、No.2のPROV1とZ-STAR。

アマチュアの方も
やはりこの2つのボールが
圧倒的に人気がありますね。

そしてよく議論されるのが、
どちらが飛ぶ?ということ。

正直、トータル飛距離という面では
それほど差はないと思います

しかし、飛び方に違いがあります。

Z-STARの方が高弾道で
PROV1は中弾道です。

アイアンやアプローチも違いがあり、
Z-STARは打ち出しから高弾道。
それに対してZ-STARは
低く出てめくれるような弾道になります。

どちらがいいのかは好みの問題かもしれません。

タイトリストPROV1最安値店はこちら


【新品】【日本正規品】【2015年モデル】ダンロップ スリクソン ゴルフボールDUNLOP SRIXON ZST…

アプローチの打感が柔らかいボール

フィルミケルソンが
一度試して惚れ込んだボール
クロムソフト

手に入れましたので、
まずは自宅の庭でアプローチテスト。

chrome3

宣伝通り、
カバーも非常に柔らかくて
打感が良いですね。

また、打ち出し角も低く
スピンが非常に効きますね。

タイトリストPROV1と似たような感じ。

非常に安定した打球で
とってもいいです!


柔らかいのにぶっ飛ぶ!!2ダース以上で送料無料CHROME SOFTCallwayメール便不可キャロウェイゴル…

非力でも飛ぶボール

ヘッドスピードが40未満の方の場合、
プロが使っているようなツアーボールを使用すると
飛距離が出ません。

コアの部分が硬過ぎるんです。

もっとコアが柔らかくて
カバーが硬いボールを使う方が、
適度にボールが潰れて
しかも反発力が高く飛んで行ってくれます。

例えば、タイトリストなら、
PROV1ではなくVG3を選ぶと良いでしょう。


【今だけ送料無料!】日本モデル Titleist タイトリスト 2014 VG3 ゴルフ ボール 1ダース 12球

Z-STAR XV 違い

SRIXON Z-STARは、
2種類ラインナップされています。


【新品】【日本正規品】【2015年モデル】ダンロップ スリクソン ゴルフボールDUNLOP SRIXON ZST…

Z-STARとZ-STAR XV

この両者の違いについてご紹介します。

簡単にいうと、
Z-STARがスピンタイプで
XVがディスタンスタイプです。

どちらもツアーでプロが使用するモデルですので、
飛距離性能も優れていますし、
スピン性能も素晴らしいです。

両者ともに言える特徴としては、
ツアーモデルにしては珍しく、
ボールの芯が柔らかくて
表層が硬いということ。

他のツアーモデルはその逆です。

ですので、フルショットでのスピンを
抑えることが出来て飛距離性能に優れます。

ただ、カバーはウレタンを使っており、
さらにコーティングにまでこだわり
アプローチでのスピン性能も
優れています。

Z-STARは3ピース
XVは4ピース

XVはコアが2層になっており
各ショットごとに最適なボールの潰れ方をして
最大飛距離を引き出すような仕組みになっています。
初速がより早く、飛距離重視なのは
打ってみるとすぐにわかります。


XVの詳細はこちら

テーラーメイドディスタンス 評価

とにかく飛ばしたい方向けに
作られたテーラーメイドのボールです。


テーラーメイドディスタンス詳細はこちら

名前の通り、
とにかく飛距離性能重視のボールです。

インパクトでの球離れが早く、
低スピンでドーンと飛んでいきます。

ウエッジでのスピン量も少ないです。

ヘッドスピードが遅くても飛ぶボール

ヘッドスピードが遅めの方が
しっかりと飛ばせるように作られたボール。


【数量限定!プレゼント付き!】キャスコ KIRA JET40/KIRA JET50 ゴルフボール 1ダース[Kasco…

KIRA JET40は
ヘッドスピード35~40ちょっとくらいの方が
最も飛ばせるように
作られたボールです。

ヘッドスピード40で一番飛ぶボール

プロの選手は、
タイトリストPROV1が一番飛ぶ!とか
Z-STARが一番飛ぶ!とか
仰います。

しかし、ヘッドスピード40だと
話は違ってきます。

そういったツアーモデルだと
コアが硬過ぎてインパクトで
反発力が生まれません。

ヘッドスピード40の方が
飛んで曲がらないボールは、
コアが柔らかくてカバーが硬いボールです。


【2015年3月発売!】ダンロップ ゼクシオ エアロドライブ ゴルフボール 1ダース(12球入)[DUNL…


PHYZゴルフボール詳細はこちら

SRIXON Z-STAR USモデルと日本モデルの違い

SRIXON Z-STARを購入しようと考えたとき、
USモデルと日本モデルの値段の違いに
驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

12球で1000円くらい差が出てきます。

これだけ差があると、
ボール自体が違うように思ってしまいます。

しかし、実際は、ボールは同じです。

ただ、作っている工場が違うわけです。
日本モデルは、made in Japanです。
USモデルは、別の国です。

その違いです。

正直、出来てくるボールは同じです。

それなら、USモデルを選ぼう!と考えるか
日本で作っている物の方が信頼できると考えるか・・・。


SRIXON Z-STAR 日本正規品


Z-STAR XV USモデル

ディスタンス系で最もスピンがかかるゴルフボール

「ディスタンス系はスピンがかからない」

そんなイメージをお持ちの方も多いかと思います。

確かに、昔はそうでした。

しかし、今は、ツーピース、スリーピース
フォーピースなど多層になっており、
ショット毎に適切なスピン量を
得られるようになっています。

2015年最新モデルで
評判が高いディスタンス系ボールは
SRIXON Z-STAR XVです。

松山英樹選手が使うモデルですね。

カバーの部分や
さらにその外のコーティングにこだわり、
ディスタンス系なのに
スピン性能が非常に良くなっています。


Z-STAR XV詳細はこちら

ゴルフボール 比較 スピン

スピン量というときに、
ドライバーなどのロングショットのスピン量なのか
アプローチなどのショートゲームのスピン量なのか
ここは区別して考える必要があります。

ロングショットで関係するのが、
コアの硬さとディンプル。

ショートゲームで関係するのが
カバーやコーティングの部分。

SRIXONのZ-STAR2015年モデルが非常に良くなっているみたいですね。

ロングショットでのスピン量では、
スピン量を減らして飛距離アップを実現しています。

さらに、カバーの更に外側のコーティングに関しても
アプローチ時にクラブフェースの溝とボールが
キッチリと噛みあってスピンがかかりやすくなっています。

Z-STAR XVはディスタンスタイプですが、
ロングショットでのスピン量を減らし
アゲンストでの飛距離のロスも抑えています。

そして、ディスタンスタイプとしては
非常に高いアプローチでの柔らかさや
スピン量を実現しています。


【新品】【日本正規品】【2015年モデル】ダンロップ スリクソン ゴルフボールDUNLOP SRIXON ZST…