ウレタンディスタンスボールは曲がりにくい

ウレタンディスタンスボールは、
コアが柔らかく、更にカバーもウレタンです。

ドライバーなどのロングショットでは、
コアがしっかりと潰れてくれるので
スピン量が少なくなります。

スピン量が少ないと飛びやすいですが、
更にサイドスピンもかかりにくいので
曲がりにくくなります。

アゲンストなど
曲がりやすい場面では、
スピン系ボールとの差は歴然です。

ブリヂストンV10 2016年モデル 評価

ブリヂストンの人気ボールV10を使用してみましたので
その感想をお伝えします。

V10 2016年モデルの詳細はこちら

まず、ウレタンディスタンスとなって
アプローチでの打感やスピン性能が非常に良くなりました。
また、コーティングも注目されていますが、
いいと思います。
もちろん、スピン系ボールに比べると
スピン性能は劣ると思いますが、
これくらいのスピンの方が
距離感が合うというアマチュアの方は多いと思います。

ドライバーなどのロングショットの飛距離性能は
非常にいいですね。
コアが柔らかいので、スピンが少なく、
アゲンストなどの風の影響を受けにくいです。
ですので、ボールは曲がりにくく、飛んでくれます。

トータルとして本当に良いボールだと思います。

一般的なアマチュアゴルファーにとって
非常に使いやすくスコアもまとまりやすいボールです。

すでに、ゴルフダイジェストオンラインでも
実際の使用者からの口コミ・レビュー届いていますので
是非参考にしてみてください。
⇒V10 2016年モデルの口コミ・レビューはこちら