タイトリストPROV1 2019年モデル

タイトリストのPRO V1の2019年モデルが、ツアープロたちに支給されています。

まだ各選手たちはテスト段階ですが、すでにラウンドで使用している選手もおり、その感想が伝わってきています。

PRO V1 の2019年モデルですが、飛距離性能がかなり伸びているそうです。藤田寛之選手や谷口徹プロがその飛距離性能を評価されています。

これは単なる宣伝で過大評価しているわけではありません。同じくタイトリストのNEWモデルであるTSドライバーが、重心を深く、低く、慣性モーメントを大きくして、飛距離アップを図ってきました。世界のゴルフが、低スピンでストレート系のビッグボールが主流となってきていますが、タイトリストもその流れに乗ってきたことが明確になったのです。

今、テーラーメイド勢が使っているTP5ボールが、スピン量を減らして飛距離性能を上げて多くの選手が大活躍していますが、タイトリストも同じような方向性になってきているのでしょう。

まだまだ詳細は分かっていない部分が多いのですが、恐らく、飛距離性能がアップしているというのは、本当との所なのだと思われます。

発売は、これまでモデルと同じようなスケジュールになるなら、2019年の年明けになるでしょう。世界中で最も使用されるゴルフボールであるタイトリストPROV1.その2019年モデルの発売が本当に楽しみです。


スポンサーリンク