タイトリストPRO V1X 口コミ・レビュー

タイトリストPROV1シリーズの2019年モデルが登場しましたが、早くも高い評価が各方面から聞こえてきています。

ドライバーのTSシリーズが飛距離性能を上げてきたように、ボールも飛距離性能をしっかりと上げてきました。もちろん、打感やスピン性能を犠牲にすることなく飛距離を上げてきています。

実際に使っている方々の口コミ・レビューを見ていても、とにかく飛距離性能がかなり上がっているとの声が多いです。そして、V1Xの強烈なスピン性能にも絶賛の声が挙がっています。

PRO V1x 使用者の口コミ・レビューはこちら

今日本で最も注目を集めるツアーボール

ホンマが気合を入れて作ったツアーボールが、今日本で非常に注目を集めています。

スピン性能、飛距離性能、打感、打音ともに世界で使われているツアーボールと比べて全く遜色ないにもかかわらず、価格が非常に安いということで人気です。

実際にゴルフダイジェストオンラインでも、かなりの数が売れており、口コミ・レビューもたくさん集まっています。短期間でこれだけ多くの口コミが集まるボールも珍しいです。
⇒ホンマTW-Xボールの口コミ・レビューはこちら

ドライバーの打感が柔らかいボール

「打感が柔らかいボール」と言いますが、どのクラブでどんなショットを打った時の打感の事でしょうか?

パター?アプローチ?ドライバーのフルショット?
実は打感というのは、ショットごとに違ってきます。
今回は、ドライバーの打感が柔らかいボールをご紹介します。

ツアーボールでショートゲームの打感は柔らかいのにドライバーの打感は硬いものってありますよね。例えば、タイトリストPROV1.これはカバーはウレタンで柔らかいけど、コアは硬くして飛距離性能をアップさせているからです。

実は、ドライバーの打感というのは、コントロールする際に非常に重要です。硬くてある程度弾きがある感じでドライバーを打ちたい方が、柔らかくてヘッドとの設置時間が長いボールを使うと、非常に違和感がありつかまり過ぎたりコントロールしづらくなります。逆に、ボールとドライバーの設置時間がある程度長いイメージでショットを打ちたい方が、硬くて弾きがよいボールを使っていると気持ち悪いですしつかまりも悪くなる傾向があります。

ドライバーの打感が柔らかくてフェースとボールの設置時間が長いボールは、コアが柔らかいボールを選びましょう。更にはカバーもウレタンになっているものを選ぶとより柔らかい打感を得ることが出来ます。
例えば、キャロウェイのクロムソフト。コアも柔らかくカバーもウレタンになっています。プロも使うボールですが、アマチュアにも非常に人気があるボールです。

キャロウェイ クロムソフト の詳細はこちら

また、PHYZボール。シニアやヘッドスピードが速くないプレーヤーから絶大な人気を誇るボールです。コアが柔らかいので飛んで曲がらないのが特徴です。

PHYZ 2019年モデルの詳細はこちら

PHYZ 2019年モデル ゴルフボール 発売日

PHYZの2019年モデルが発売されます。今回で5代目となりました。

ヘッドスピードが速くないプレーヤーでも飛ばすことが出来るハイテクノロジーボールとして、長年人気を博しているボールです。

発売日は、3月8日。

●ブリヂストンゴルフPHYZ/ファイズ(2019) ボール 1ダース

今回のボールも、コアが柔らかくなっており、ヘッドスピードが速くなくてもしっかりとボールをつぶすことができ、そしてしっかりと捕まえることが出来ます。ヘッドのパワーをボールにしっかりと伝えて、少ないスピンでしっかりと飛ばすことが出来ます。

タイトリスト PRO V1 2019ドライバーの打感は?

タイトリストPRO V1の2019年モデルが発売開始となりました。

PRO V1、V1Xともに、飛距離性能をかなり意識したボールとなっています。
飛距離アップを実現するために、コアの硬度をかなり高めました。
そのため、ドライバーの打感がかなり硬く感じるようになりました。打球音も高くなっています。

タイトリストPROV1 2019年モデルの詳細はこちら

SRIXON Z-STAR の打感は硬い?

SRIXON Z-STARの2019年モデルの口コミを見ていると、打感に関する不満が出ているようです。

ツアーボールというと、柔らかな打感というイメージを持っている方も多いようですね。たしかに、カバーには柔らかい素材のウレタンが使われていますので、柔らかいというイメージが強いのかもしれません。

ですが、実はツアーボールのコアの部分は、硬いです。ロングショットでは、硬いコアが飛距離性能を支えています。Z-STARの2019年モデルは、2017年モデルよりも硬化されており、飛距離性能がアップしています。ですので、2019年モデルは前のモデルよりも硬いという感想が出るのは当然です。

ショートゲームでは、ソフトなウレタンカバーとコーティングがウエッジの溝に食いついて柔らかな打感と強烈なスピンが入ります。ロングショットでは、硬いコアが高い反発力を発揮して大きな飛距離を実現します。

ロングショットでの硬い打感というのは、実はプロも望んでいる選手が多いです。いわゆるソリッドな打感というやつですね。インパクトでしっかりと芯を感じることが出来るソリッドな打感というのが、魅力の一つでもあります。

SRIXON Z-STAR XV 2019年モデルの詳細はこちら

2017年モデルのツアーボールが安い!

タイトリストPROV1やテーラーメイドTP5、SRIXON Z-STARといったツアーボールの2019年モデルが発売開始されたことに伴い、前のモデルである2017年モデルが非常に安くなっています。1ダース4000円くらいで購入できます。

2000円以上も安く購入できるようになりました。もちろんつい最近まで最新モデルとして使われていたボールですので、当然ながら最高品質のボールです。最安値ショップを調べてみたので、参考にしてみてください。

SRIXON Z-STAR 2017年の最安値はこちら↓↓

2017モデルダンロップ スリクソン日本正規品NEW Z−STARシリーズゴルフボール1ダース(12個入り)【あす楽対応】

テーラーメイドTP5 2017年モデルの最安値はこちら

TAYLOR MADE(テーラーメイド) ゴルフボール TP5 2017年モデル 12個入り ホワイト B1346001

タイトリストPRO V1の最安値はこちら↓↓

タイトリスト PRO V1 2017年モデルの詳細はこちら

プロが使うツアーボールは飛ばない?

プロが使うツアーボールは飛ばない!という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
例えば、タイトリストPRO V1やテーラーメイドTP5、ブリヂストンツアーBなどなど。

結論から言うと、ヘッドスピードが遅い方は、飛ばない可能性があります。
ツアーボールというと、柔らかいというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。その柔らかさというのは、ウレタンカバー。カバーが柔らかいとショートゲームでは打感が柔らかく、ウェッジの溝に食いついてスピンが効いてくれます。

ですが、ロングショットで飛距離を左右するのは、カバーではなくコアの部分。ツアーボールはこのコアの部分が硬くなっています。ですのでロングショットではディスタンス系よりもツアーボールの方が硬さを感じる方もいるでしょう。硬い方が反発力が強く飛距離性能が高いのです。最近のツアーボールはカバーのウレタンが非常に薄くなってきており、カバーが柔らかいことによる飛距離のロスが非常に少なくなってきています。したがって基本的にツアーボールの方が飛びます。ですが、ヘッドスピードが遅い方の場合、コアの部分が硬すぎてスピン量が多くなってしまい飛距離をロスしてしまいます。また、サイドスピンもかかりやすく曲がりやすいのです。

ディスタンス系と言われるボールは、コアの部分が柔らかく、カバーが硬くなっています。ヘッドスピードがそれほど速くなくてもインパクトでボールがしっかりとたわむことと、カバーの反発力で飛ばすことが狙いです。
ですので、ヘッドスピードがある程度出る方はツアーボールの方が飛びますし、逆にヘッドスピードが遅い方はディスタンス系の方が飛ぶでしょう。

最近の傾向では、女子プロもツアー系ボールを使う選手が多くなっていますので、女子プロくらいのヘッドスピードでもツアーボールを使う方がメリットが多いと言えるのでしょう。


DUNLOP(ダンロップ) ゴルフボール SRIXON Z-STAR XV ゴルフボール 2019年モデル 1ダース(12個入り) プレミアムホワイト

タイトリスト PRO V1 2019 評価

タイトリストPRO V1 の2019年モデルが一般にも発売開始となりました。

これまでのタイトリストは、ドライバーもボールも、「飛び」を最重要項目に持ってきてはいませんでした。スピン性能や打感、安定したコントロール性能という部分の方が優先されてきました。

ところが、2018年にドライバーのTSシリーズが「飛び」にスポットを当ててきたことで、恐らくボールも「飛び」を意識してくるのだろうと考えられてきましたが、やはりその通りでした。
titleist-bana-

一番外側のウレタンカバーが更に薄くそして進化させることに成功しました。ショートゲームでのスピン性能やコントロール性能を向上させながらも、ロングショットでのスピード・飛距離性能の向上に役立っています。

そして、コアやカバー層も、どうすればスピード・飛距離を出すことが出来るのかと徹底的に研究されて開発されました。

実際に、PRO V1とV1Xを試打してみたことろ、どちらが飛ぶというわけでなく、飛距離性能はどちらも非常に良いように感じました。弾道がPRO V1の方が低めでV1Xの方が高め。打感がV1の方が柔らかい。ショートアイアンやショートゲームのスピン性能がV1Xは非常に良いですね。

世界No.1ボールの座がテーラーメイドのTP5に取られる危機感からか、2019年モデルのPROV1シリーズは非常にいいものが完成していると思います。


タイトリスト(TITLEIST) ゴルフボール 2019 Pro V1 ダブルナンバー ユニセックス T2026S-LEJ ホワイト


タイトリストPROV1Xの詳細はこちら

2019年モデルのツアーボールの特徴

2019年に入り、新しいボールが続々と発売開始されてきています。
まずは、SRIXON Z-STARとタイトリストPROV1。後にはテーラーメイドTP5なども発売されます。

2019年に発売されるツアーボールの特徴はどうなっているのでしょう。

まず、大きく印象が変わったのが、タイトリストPRO V1。昨年末に発売されたTSドライバーが飛距離に舵を切ってきましたが、やはりボールも飛距離を求める傾向が強くなっています。PRO V1は柔らかい打感を保ちつつも、低めの弾道と速い初速で飛距離アップさせました。PRO V1Xは、高弾道と速い初速に加えて、強烈なスピン性能を有しています。

【文字オンネーム】Titleist(タイトリスト)日本正規品 「PRO V1」、「PRO V1x」 ゴルフボール 2019新製品 1ダース(12個入り)

まだ発売されていませんが、テーラーメイドのTP5シリーズ。こちらは前のモデルも飛距離性能が優れていましたが、2019年モデルもやはり抜群の飛距離性能を有しています。今年からリッキーファウラーも契約していきなり優勝。本当に強い選手たちが使う強いボールです。

テーラーメイドTP5の詳細はこちら

横峯さくら 使用ボール 2019

長年ダンロップと契約していた横峯さくら選手が、2019年ダンロップと離れる決断をしました。

ゼクシオと言えば横峯さくらのイメージを持っているファンも多かったかもしれませんが、ドライバーから全てダンロップ以外のクラブを使用するようです。

ボールも同様で2019年は、タイトリストPROV1を使用していくようです。

【マラソン期間限定 ポイント5倍】2/9 20:00 – 2/16 1:59まで★【オウンネーム】【2019年モデル】 タイトリスト プロV1 V1X ボール(ホワイト) 1ダース(12球)titleist PRO V1 PRO V1X

リッキーファウラー 2019使用ボール

先日、リッキーファウラーがテーラーメイドとボール使用契約を結んだことをご紹介しましたが、いきなりやってくれました。

テーラーメイドと契約を結んで、ボール使用開始から2戦目の「ファーマーズインシュランスオープン」で優勝。
本当に、このボールは凄いですね。もちろんボールが凄いというよりもプレーヤーがスゴイのが前提ですが、世界のトップランカーたちがこぞって使いたくなる理由があるのでしょうね。

リッキーが使っているのは、TP5Xの方。
選んだ理由として、
・世界のトッププレーヤーが使って好成績を収めているから興味を持った。
・実際に使ってみて、飛距離が伸びただけでなく、グリーン周りのでスピン量が増えた。
・コントロールしやすい。
などという理由を主に挙げておられました。

テーラーメイドTP5Xの詳細はこちら

その他のテーラーメイドTP5Xに関する記事はこちら

SRIXON Z-STAR 2019 発売日

新しいSRIXON Z-STAR ボールが発売されます。

2018年の終盤から、契約プロにはすでに渡されており、日本の男子ツアー、女子ツアーで優勝者が出ています。男子での優勝は
稲森佑貴選手が日本オープンで、女子は香妻琴乃選手がマンシングウェアレディース東海クラシックで優勝しています。

発売日は、2月8日です。

SRIXON Z-STAR 2019年モデルの詳細はこちら