タイガーウッズが2020年使用ボールをテストし合格!

タイガーウッズが使用するボールは、ご存知の方も多いかと思いますが、ブリヂストンのツアーB XS。
tiger-ball
2020年には、そのツアーB XSもNEWモデルが出ることが予想されていますが、すでにタイガーウッズはテスト済み。タイガーウッズの厳しいテストをクリアした模様です。

元々、タイガーウッズは、スピン性能と打感に、独特な感覚をもっているんだそう。とてもシビアな感覚なので、ブリヂストンの担当者も相当苦労しているそう。
ただ、今回のボールについてタイガーは、
・飛ぶ
・飛ぶけどスピン性能が犠牲になっていない
・「ウインドウの中に納まってくれる」
・パット時のサウンドもしっかり強く打てる好みの音

とコメントされていました。

ちなみに、「ウインドウの中に納まってくれる」とは、「インパクトでボールを打ってからボールを目で追ったときに、自分がイメージしたところにボールが飛んでいないと不安になる。だから、各番手で思い描いたウインドウをボールが通過することがとても重要」なんだそうです。
これは、確かに私たちアマチュアでも感じるところですよね。練習場でたまに硬いコースボールが混じっていると、極端に打ち出し角が高くて打った瞬間にボールを見失ってしまうこともあります。我々アマチュアとは次元が違うレベルでしょうが、完璧にボールをコントロールしたいタイガーのこだわりが伺えます。

すでにPGAツアーからの認可が下りているとみられ、そろそろツアーでも新しいボールを使うのではないでしょうか。


【US仕様】ブリヂストンゴルフ TOUR B XS ゴルフボール タイガーウッズエディション[並行輸入品]

ウレタンボールで値段が安いモデルは?

主にツアーボールに使われるウレタンカバー。世界で最も多く使用されるタイトリストのPROV1、松山英樹選手ら日本人プロが多く使うSRIXON Z-STAR、世界ランキングトップの選手がこぞって使用するテーラーメイドTP5など、ほとんどのトッププロが使用するボールがウレタンカバーのボールです。

打感が柔らかく、スピンが効いて、コントロール性に優れます。

ただ、価格が高いということが、我々アマチュアにとって問題。ティーショットでOBを打ってしまって、NEWボールがたったワンショットでなくなってしまうことなんて普通にありますもんね。

そんな値段が高いウレタンカバーのボールですが、比較的お買い求めやすいボールが、ホンマのTW-X。日本メーカーのホンマが作ったツアーボールで、前述したボールと比較して、性能面は全く遜色ありません。

ホンマTW-Xの詳細はこちら

ゲーリー・ウッドランド 使用ボール

ゲーリー・ウッドランド選手がウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープンで久々の優勝を飾りましたが、この時使用されていたボールが、ブリヂストンのツアーB Xボールでした。
ブリヂストンとは契約していませんでしたが、オフにさまざまなボールをテストしていくなかで、風に強くて飛距離が得られ、自分のパフォーマンスに合った、ということでチョイスしたとのこと。

最近は、テーラーメイドやタイトリスト、SRIXONのボールが勢いがあるのですが、一昔前まではブリヂストンのボールが世界中で非常に評価が高い時代がありました。そして今、再び、ブリヂストンのボールが評価を受け始めています。
タイガーウッズやレキシー・トンプソンと言った世界トップ選手が、契約外でブリヂストンのボールを選んだことから、契約に至ったという経緯があったりと、契約外の選手がブリヂストンを選ぶことが増えてきています。それは、当然ですが、お金ではなくボールの性能が良かったからにほかなりません。

今回ウッドランド選手が使用したツアーB Xボールは、宮里優作選手や片岡大育選手、時松隆光選手、レキシートンプソン選手、ブライソン・デシャンボー選手と言ったトップ選手が使用するモデルです。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ゴルフボール TOUR B X (1ダース 12球入り) 8BWXJ Bマーク ホワイト

ゼクシオプレミアムボール 2018 評価

ゼクシオのプレミアムボールが登場しました。

高級感のある輝きを放つボールで贈答品に使われることが多いボールです。
この輝きは、高級車に使用されている高輝度顔料をコーティングすることで得られています。
xxio-premium
もちろんゴルフボールとしての性能も非常に高くなっています。
コアは非常に柔らかく、そして反発力の高いものが使われており、ロングショットでは高い打ち出し角からの低スピンで飛ばすことが出来ます。今どきの低スピンドライバーとの組み合わせで、高く打ち出されたボールがなかなか落ちてこないロングショットが期待できます。

カバーは、アイオノマーとなっていますが、非常にソフトなものとなっており、優れたアプローチスピン性能と心地よいソフトなフィーリングを実現しています。

【18年モデル】 ゼクシオ プレミアム ゴルフボール 1ダース (12球) XXIO PREMIUM DUNLOP ダンロップ

ゴルフボールの打ち出し角度

ボールの打ち出し角度は、使う道具によって本当に大きく変わります。

ドライバーやアイアン、ウエッジで、もちろん変わってきますが、
ゴルフボールでも大きく打ち出す角度が変わってきます。

安くて硬いボールなどは、打った瞬間にボールがどこへ行ったか分からなくなるくらいに高く上がってしまって、距離感を掴むことが出来ないので、これは使いにくいです。プロも、打った瞬間に目線から外れるボールは使えないということを話をされる選手が多いです。ツアーボールではそういったボールはありませんが、今最も飛ぶと言われているテーラーメイドTP5Xは、比較的打ち出し角が高く、そのまま低スピンでグングン伸びていく軌道が特徴的です。
スピン量が少ないボールの場合、打ち出し角が低すぎたり、ヘッドスピードが遅いとすぐにボールが落ちてしまって飛びません。最近は、ドライバーもボールのスピン量が少ないモデルが多いので、ドロップするようなボールは避けた方がいいでしょう。


TAYLOR MADE(テーラーメイド) ゴルフボール TP5x ゴルフボール12個入り 2017年モデル ボールカラーホワイト メンズ B1345901

タイトリスト ボール 2018年モデルが発売

タイトリストからNEWゴルフボールが2月9日から発売開始となります。

発売されるのは3つのモデル。
・タイトリスト TOUR SOFT(ツアーソフト)
・タイトリスト VELOCITY(ベロシティ)
・タイトリスト DT TruSoft(ディーティー トゥルーソフト)

TOUR SOFTは、進化した製造工程と革新のテクノロジーを駆使して開発されたゴルフボールです。
タイトリストゴルフボール史上最大のコアと極薄4CEカバーが、非常にソフトな打感と圧倒的な飛距離性能、ショートゲームでの優れたコントロール性能をもたらします。

【先行予約】【18年モデル】タイトリスト ツアーソフト ボール 1ダース(12球) Titleist TOUR SOFT

VELOCITYは、さらなる飛距離を実現するために、よりソフトになった新設計LSXコアと最速カバーブレンドによって新たに生まれ変わりました。この新しいコアとカバーの組み合わせにより、ティーショットで大幅なバックスピン量の低減と驚異的なボール初速を実現。すべてのショットで高弾道の大きな飛びとグリーン上での優れたコントロール性能を可能にします。

タイトリスト VELOCITY の詳細はこちら

DT TruSoftは、コアとカバーを一新し生まれ変わりました。ボール初速向上、飛距離アップを実現。タイトリストで最もソフトな打感を備え、グリーン上でボールがより止まりやすく進化した2ピース・ゴルフボールです。

【先行予約】【18年モデル】タイトリスト DT トゥルーソフト ボール 1ダース(12球) Titleist DT TruSoft

セルヒオガルシア 使用ボール 2018

セルヒオガルシアが2018年からキャロウェイと用具使用契約を結びました。

これまではテーラーメイドと契約していましたのでボールもテーラーメイドでしたが、2018年初戦から一気にクラブ14本とボールまで変えてきました。

ガルシアが使用するキャロウェイのボールはクロムソフトXです。
2018年モデルが3月に発売開始となります。

キャロウェイ クロムソフトXの詳細はこちら

ガルシアがテーラーメイドからキャロウェイに用具使用契約を変えた理由の一つに、キャロウェイのボールが大変気に入ったからという話がありましたが、このクロムソフトXのことだったんですね。
グリーン周りのショートゲームでは、以前使っていたボールよりもスピンがかかる。ロングショットでは飛距離が出て、左右のブレガ少なく、バランスが非常に良い、とこのボールを評価しています。

キャロウェイ クロムソフト 2018 発売日

キャロウェイ クロムソフトの2018年モデルが発表されました。
すでにセルヒオガルシア選手がクロムソフトXを使用してツアー優勝を果たしています。
発売は、3月と発表されています。

キャロウェイ 2018 クロムソフト ゴルフボール [12球入り]

今回のクロムソフトは、アウターコアに「グラフェン」を注入したことでインナーコアを大きくし、やわらかくすることが可能になったことです。
chromesoft2018image
「グラフェン」とは、炭素原子が重なった「グラファイト」から分離した素材。非常に薄く、軽くて、柔軟性の高い素材でありながら、鋼鉄の200倍の強さを持ち、地球上で知られている素材の中で、最も強い素材と言われています。ゴルフ業界では初の採用で、他業界では航空機などにも使われています。
コアを大きくすることでボール初速を上げることが出来ます。しかし、硬いコアですとスピン量が増えてしまいますが、グラフェンを2層目にもってくることでインナーのコアを非常に柔らかくすることができました。その結果、初速が上がり、スピン量も少ないボールが完成しました。

ドライバーでは高初速+低スピンで飛ばし、
ミドルアイアンからショートアイアンといったアイアンのフルショットでは、スピン量を抑えて飛距離性能を上げています。
ショートゲームでは、より柔らかくなったカバーによってスピン量が大幅にアップしました。

片岡大育 使用ボール 2018

片岡大育選手が、2018年初戦となるソニーオープンinハワイに出場。
トータル11アンダーの18位でフィニッシュ。2018年非常に良いスタートを切りました。

今年は、アジア、ヨーロッパを中心に世界に進出予定。

飛距離が出ないというイメージの片岡選手ですが、
ハワイではパー5を2オンするなど十分通用していました。

使用しているボールは、ブリヂストンツアーB X。

ブリヂストン ツアーB X の詳細はこちら

クロムソフト 2018 発売日

キャロウェイから新しいクロムソフトが発表されました。
2016年モデル2017年モデルに続き、2018年モデルが登場。
クロムソフトとクロムソフトXがラインナップされています。
発売日は、2018年3月と発表されました。

飛んでスピンも効くゴルフボール

以前のゴルフボールは
「飛ぶボールはスピンが効かない」
「スピンが効くボールは飛ばない」
という性質がありました。

しかし、最近のボールは非常に性能が良くなってきて、
飛ぶしスピンも効くというボールが多くなってきています。

その最たる例が、タイトリストPRO V1Xですね。
世界中の非常に多くのツアープロが使用していますが、
飛距離性能もトップクラスですし、スピン性能もトップクラスです。

タイトリストPRO V1X の詳細はこちら

以前もこのサイトでご紹介したのですが、
スピン性能は、PRO V1XよりもPRO V1の方が良いというイメージをお持ちの方も多いようなのですが、実はスピン性能もV1Xの方がいいです。
そのことはタイトリストの公式サイトにも記されています。
titleist-hyou

ヘッドスピードが遅くてもツアーモデルのボールで飛ぶ?

ツアーで選手たちが使用するボールを
ヘッドスピードが遅いアマチュアが使っても飛ぶのでしょうか?

最近のツアーボールは、女子プロ選手も使用していますので、
女子プロくらいのヘッドスピードがあれば問題ないということでしょう。

では、もっと遅いヘッドスピードが30m/s台ならどうでしょうか?
これに関しては、使っても大丈夫ですが、
やはりコアの柔らかいボールを使って
インパクトでボールが潰れる方がいいかと考えます。

インパクトである程度ボールが潰れることで
ボールをコントロールしやすくなりますし
球も飛ばせるようになるからです。

ヘッドスピードが40m/s未満の方におすすめのボールが
ブリヂストンのPHYZ。
非常に柔らかいコアでインパクトでのたわみが大きいです。
ヘッドスピードが速い方が使っても飛びますし、速くない方が使っても飛びます。

【即納!】ブリヂストン ファイズ ゴルフボール 1ダース(12球入り)[ブリヂストン BRIDGESTONE PHYZ 2017年モデル 日本正規品]【あす楽対応】

飛距離性能はドライバーだけでなく、アイアンでも高い弾道で飛距離が出てくれます。
スピン量はそれほど多くないですが、慣れるとちょうどいい距離感が出しやすいです。

そして、私は打感が好きです。
とても柔らかい感触で、インパクトの瞬間が長く感じられます。

実際に使用している方々も
・最高に飛びます
・打感が気持ちいいです
と高評価を受けています。
⇒ PHYZ 使用者の口コミ・評価はこちら

松山英樹使用ボールは飛距離性能トップクラス

松山英樹選手が使用するSRIXON Z-STAR XV。
開発には松山選手の意見が全面的に反映されました。


SRIXON Z-STAR XV の詳細はこちら

ツアーボールの中でも飛距離性能がトップクラスで
もちろんスピン性能にも優れています。

スピンはかかってほしいけど飛距離は犠牲にしたくないという方におすすめです。

タイトリストPROV1とV1X 比較 2017年モデル

タイトリストのツアーボールPRO V1とV1X。
今さらご紹介する必要もないくらい有名なボールですね。

しかし、私の周りのゴルフ仲間が勘違いしていることが多いことがあるので、改めてご紹介させていただきたいと思います。

2017 V1 タイトリスト PRO V1 ・ V1X 1ダース(12球入り) ゴルフボール タイトリストボール SMTS1 [CENTER]【GS7】【ASU】

V1とV1Xを比較した時に

「V1はスピン系でV1Xはディスタンス系」

という言葉が多々使われます。

これって間違っていますよね??

「V1Xが飛距離重視タイプ」
これは間違ってないと思います。

けれども「V1がスピン系」というのは??

実は、アイアンやショートゲームでのスピン量ってV1Xの方が多いです。
もちろん、他のメーカーのボールと比較した際には、V1もスピン量が非常に多いのですが、V1とV1Xで比較した際にはV1Xの方がスピンが多いです。

日本では、一昔前までブリヂストンのボールが圧倒的に人気でした。
ブリヂストンのボールは、Xは飛距離重視タイプでSがスピン重視タイプなので、そのイメージが強いのかもしれませんね。

PROV1とV1Xで比較した時に
飛距離も出て、ショートゲームでスピンが効くのはPROV1Xで、
打感が非常に柔らかいのがPROV1です。

もちろん、どちらも他のボールと比較した時には、
飛距離も出て、スピンも効くと言えます。

SRIXON Z-STAR ダブルナンバー

SRIXON Z-STARにダブルナンバーが新登場しました。


SRIXON Z-STAR ダブルナンバー

まだ使っている方が少ないZ-STARのダブルナンバー。
何となく人と違うのを持っている優越感?
試合に出ている方は、他の方とナンバーが被りにくい利点があります。