ゼクシオ11ボール 試打評価

ゼクシオ11シリーズの発売に合わせて
ゼクシオ11ボール
ゼクシオXボール
が発売されました。
xxio-11-x-ball

ドライバーだけでなくアイアンも飛ぶ

この二つの新しいボールは、ドライバーだけでなくアイアンショットでも飛ぶことを目指して開発されました。
前のゼクシオボールであるは、ゼクシオ SUPER SOFT Xは、とにかく柔らかいボールを作り、スピン量を少なくして飛距離アップを狙いました。ヘッドスピードがそれほど速くないプレーヤーが飛ばすには、ボール初速を上げるよりもスピン量を少なくする方が効果的だと考えられていたからです。

今回のゼクシオ11ボールは、カバーを硬くしました。そして中間層の反発力を上げました。そして、コアをより柔らかくしました。これによって、外剛内柔化を進めました。これによって、スピン量をより少なく、またボール初速をアップさせました。

その結果、ドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンまで飛距離アップを実現しています。


★BlackFriday値引きクーポン配布中★《今日だす》【小型宅配便/コンビニ受取可】ダンロップ ゼクシオ11(イレブン) ボール (ホワイト) [1ダース]

ゼクシオ11とゼクシオXボールの違いは?

まず両者の違いですが、ゼクシオ11ボールに関してはゼクシオ11がターゲット層とするヘッドスピード38m/s~39m/sくらいの方が気持ちよく飛ばすことが出来るボールとなっています。それに対して、ゼクシオXボールに関してはゼクシオXがターゲットとするヘッドスピード40m/s~42m/sくらいの方が気持ちよく飛ばすことが出来るボールとなっています。

これまでヘッドスピードが40m/s~42m/sくらいのゴルファーは、SRIXONのボールを使う方が多くいらっしゃいました。実は、それくらいのヘッドスピードでは、SRIXONの美味しい性能が十分に発揮できませんでした。スピン性能が十分に発揮できず、また飛距離も思うように出なかったり・・・。
そこでゼクシオXボールは、これらのヘッドスピード帯の方が、飛んでスピンがかかるボールということで、一から開発が勧められました。

DUNLOP(ダンロップ) ゴルフボール XXIO ゼクシオ エックス ゴルフボール 1ダース(12個入り) ホワイト

ドライバーの打感が柔らかいボール

「打感が柔らかいボール」と言いますが、どのクラブでどんなショットを打った時の打感の事でしょうか?

パター?アプローチ?ドライバーのフルショット?
実は打感というのは、ショットごとに違ってきます。
今回は、ドライバーの打感が柔らかいボールをご紹介します。

ツアーボールでショートゲームの打感は柔らかいのにドライバーの打感は硬いものってありますよね。例えば、タイトリストPROV1.これはカバーはウレタンで柔らかいけど、コアは硬くして飛距離性能をアップさせているからです。

実は、ドライバーの打感というのは、コントロールする際に非常に重要です。硬くてある程度弾きがある感じでドライバーを打ちたい方が、柔らかくてヘッドとの設置時間が長いボールを使うと、非常に違和感がありつかまり過ぎたりコントロールしづらくなります。逆に、ボールとドライバーの設置時間がある程度長いイメージでショットを打ちたい方が、硬くて弾きがよいボールを使っていると気持ち悪いですしつかまりも悪くなる傾向があります。

ドライバーの打感が柔らかくてフェースとボールの設置時間が長いボールは、コアが柔らかいボールを選びましょう。更にはカバーもウレタンになっているものを選ぶとより柔らかい打感を得ることが出来ます。
例えば、キャロウェイのクロムソフト。コアも柔らかくカバーもウレタンになっています。プロも使うボールですが、アマチュアにも非常に人気があるボールです。

キャロウェイ クロムソフト の詳細はこちら

また、PHYZボール。シニアやヘッドスピードが速くないプレーヤーから絶大な人気を誇るボールです。コアが柔らかいので飛んで曲がらないのが特徴です。

PHYZ 2019年モデルの詳細はこちら

値段が安いボールは飛ばない?

値段が安いボールは飛ばないでしょうか?

ゴルフボールは、プロが使用するツアーボールは、定価で1球700円くらいとかなり高額です。このボールを朝一のティーショットでOB・ロストしてしまうと、本当に悲しくなりますね。NEWボールを朝一で紛失して、勿体ないから次から安いボールを使うなんてこともあるでしょう。何故か安いボールはすぐにはロストせずに長持ちするんですよね(苦笑)ゴルフあるあるです。

では、値段が安いボールって飛ばないでしょうか?
結論から言うと、有名メーカーの安いボールは、普通に飛んでくれます。タイトリストやSRIXONと言った有名ブランドのボールでも、比較的安いモデルがありますが、どのモデルもしっかり飛んでくれます。もちろん、打感やスピン量などは違います。

ただ、見たことのないようなメーカーのボールは、著しく飛ばないボールも結構あります。打感も最悪だったりします。今、100均でゴルフボールが打っているところもあるようですが、それよりは有名メーカーの安いボールをお勧めします。

タイトリスト HVC ソフトフィール

ダスティンジョンソン 飛びすぎるボール

ダスティンジョンソンが2018年もぶっ飛ばしています。
2018年の初戦となるセントリートーナメントofチャンピオンズでは、
パー4のティショットをあわやホールインワンになりそうなショットを放つなど、何度もパー4でワンオンをしていました。
これだけ飛ばすと、またゴルフボールの飛びすぎについて議論が巻き起こりそうですね。

そんなダスティンジョンソンが使用しているのは、テーラーメイドTP5X。


テーラーメイドTP5Xの詳細はこちら

ツアーボールの中で最も飛ぶという評判です。

ゴルフが上手な人ってどんなボールを使っているの?

ゴルフが上手な人ってどんなボールを使っているの?
やっぱりプロが使うツアーボールを使っているものなの?

本当に上手な日本アマなんかに出場している選手は、
メーカーからボールを支給してもらっている方も多いですし、
やはりプロが使用しているようなツアーボールを使っている選手がほとんどです。

しかし、県の競技レベルに出場している選手というのは、
結構ディスタンスタイプを使っている人もいます。
意外と無頓着な方も多くて、コンペでもらったボールを試合で使っている選手なんかもいます。

比較的若いプレーヤーはツアーボールを使っていて、
ご年配のプレーヤーはボールに無頓着な方が多いように感じます。

実際、使い慣れたボールであれば、何でもいいように思います。
やはりボールによって打感やスピン量、飛距離など違ってきますので、基本的にはボールは固定しておいた方がいいのは確かでしょう。
ですが、非常にスピンが効くツアーボールだからスコアが良くなるということはないでしょう。あまりに廉価なボールは、さすがに飛ばないしスピンもかからないので止めておいた方が無難ですが、そこそこ名前の通っているメーカーのボールであれば大丈夫でしょう。
いくつかのブランドを試してみて、ご自身の気に入ったボールを使えばいいかなと思います。

比較的お求め安く、おすすめのボールはこちら↓↓

2017新製品ダンロップ スリクソンTRI-STAR(トライスター)ゴルフボール1ダース(12個入り)
ツアーボールのZ-STARへの導入モデルとして位置づけられているボールですが、飛距離も出ますし、スピンも普通に効いてくれますのでお勧めです。

飛んでスピンも効くゴルフボール

以前のゴルフボールは
「飛ぶボールはスピンが効かない」
「スピンが効くボールは飛ばない」
という性質がありました。

しかし、最近のボールは非常に性能が良くなってきて、
飛ぶしスピンも効くというボールが多くなってきています。

その最たる例が、タイトリストPRO V1Xですね。
世界中の非常に多くのツアープロが使用していますが、
飛距離性能もトップクラスですし、スピン性能もトップクラスです。

タイトリストPRO V1X の詳細はこちら

以前もこのサイトでご紹介したのですが、
スピン性能は、PRO V1XよりもPRO V1の方が良いというイメージをお持ちの方も多いようなのですが、実はスピン性能もV1Xの方がいいです。
そのことはタイトリストの公式サイトにも記されています。
titleist-hyou

タイトリストPROV1とV1X 比較 2017年モデル

タイトリストのツアーボールPRO V1とV1X。
今さらご紹介する必要もないくらい有名なボールですね。

しかし、私の周りのゴルフ仲間が勘違いしていることが多いことがあるので、改めてご紹介させていただきたいと思います。

2017 V1 タイトリスト PRO V1 ・ V1X 1ダース(12球入り) ゴルフボール タイトリストボール SMTS1 [CENTER]【GS7】【ASU】

V1とV1Xを比較した時に

「V1はスピン系でV1Xはディスタンス系」

という言葉が多々使われます。

これって間違っていますよね??

「V1Xが飛距離重視タイプ」
これは間違ってないと思います。

けれども「V1がスピン系」というのは??

実は、アイアンやショートゲームでのスピン量ってV1Xの方が多いです。
もちろん、他のメーカーのボールと比較した際には、V1もスピン量が非常に多いのですが、V1とV1Xで比較した際にはV1Xの方がスピンが多いです。

日本では、一昔前までブリヂストンのボールが圧倒的に人気でした。
ブリヂストンのボールは、Xは飛距離重視タイプでSがスピン重視タイプなので、そのイメージが強いのかもしれませんね。

PROV1とV1Xで比較した時に
飛距離も出て、ショートゲームでスピンが効くのはPROV1Xで、
打感が非常に柔らかいのがPROV1です。

もちろん、どちらも他のボールと比較した時には、
飛距離も出て、スピンも効くと言えます。

SRIXON Z-STAR 2015 USモデル

SRIXON Z-STARの2015年モデルで、しかもUSモデル。

これがゴルフダイジェストオンラインで格安で販売されています。


SRIXON Z-STAR 2015年USモデル

2017年モデルと2015年モデルの違いですが、
正直、かなり繊細な感覚の持ち主でなければ
その違いで戸惑う方はいないでしょう。

また日本正規品とUSモデルの違いも
生産管理の問題だけで中身は同じです。

それなら格安で手に入れたいという方も多くいらっしゃいます。

SRIXON TRI-STAR 使用感 口コミ

SRIXON TRI-STAR でラウンドしてきました。

SRIXON TRI-STAR の詳細はこちら

まずは、ドライバーでのティーショットから。
高さは出ますし、スピン量も適量。打感も柔らかい。
飛距離も普通に出ています。

アイアンでも、グリーンでキッチリ止まりますし、
打感も問題ありません。

アプローチでは、ツアーモデルに比べると
スピンが少ないかなという印象。
ですが、その辺りは慣れの問題もあるかと思います。
激スピンよりも少し少ない方が距離感がある人もいるでしょうから。

パッティングも柔らかめの打感です。

費用対効果としては、バッチリでしょう。

私の他にも、実際に使用している方々の口コミ・評価も参考にしてみてください。
⇒TRI-STAR 使用者の口コミ・評価はこちら

ボールを温めると飛ぶ

冬のゴルフは、ボールが飛びません。

寒くて体が回らないということもありますし
シャフトがしなりにくくなりますし、
ボールが弾みにくくなるということもあります。

以前ゴルフ雑誌に掲載されていた実験で、
寒い時にボールを温めると飛ぶようになるかというものがありました。

お湯で温めたボールを打撃マシンで打つというもの。
人ではなくマシンが打っていたたのでほぼ安定した条件で行われた実験です。

その結果、やはり温めたボールの方が飛んでいました。

ですので、冬場のゴルフでは、
ティーショットの前などボールを手に持つことが出来るときには、
カイロで温めるなどすると少しは飛ぶようになるかもしれません!

ブルックス・ケプカ 使用ボール 2017‐2018

ブルックスケプカ選手が2017年もダンロップフェニックスに出場。
そして、2年連続で優勝しました。

さすが全米オープンチャンピオンという力を見せてくれました。
全く次元の違うゴルフ。
本人的にどういった調子だったのかはわかりませんが、
日本人選手を全く寄せ付けない、
危なげのない4日間のプレーでした。

そんケプカ選手が使用しているボールはこちら↓↓

TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール Pro V1X ゴルフボール 12個 4ピース(ローナンバー) ユニセックス T2045S-J ホワイト

ミズノ MP ボール 口コミ・評価

ミズノのMPボール。

ミズノ MP S / MP X ゴルフボール 1ダース(12球)MIZUNO 5NJBD8 あす楽
打感・打球音にこだわって作られたボールです。
SとXの2タイプ。
Sはスピン重視タイプで操作性が抜群です。
Xは飛距離重視タイプ。高さのある強弾道です。

実際に使用している方々の口コミ・評価もかなり高いです。
⇒ミズノ MP(S)使用者の口コミ・評価はこちら

⇒ミズノ MP(X)使用者の口コミ・評価はこちら

タイトリストPRO V1 口コミ

タイトリストPRO V1の2017年モデル。

タイトリストPRO V1 の詳細はこちら
最近は、PROV1XやZ-STAR XV、ツアーB Xなど
スピンタイプではなくディスタンスタイプを使う選手が
プロでもアマでも多くなっています。

しかし、やはりこのPRO V1の人気は不動のもの。
私も試合に出場すると、やっぱりPRO V1を使っている選手が多いですし、
聞いてみるとその打感の良さは、他では味わえないと絶賛。
スピンの効き具合も秀逸です。

スピン系ですが、飛距離もディスタンス系に負けないくらいに飛びます。

実際に使用している方々の口コミも多数集まっていますが、
やはり評価が高いです。
タイトリストPROV1 使用者の口コミ・評価はこちら

日本ツアーで2017年シーズン最も優勝しているボールは?

秋のゴルフシーズン真っ只中で
ゴルフクラブやゴルフボールを新しくした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、これから違うモデルを試してみようかと言う方もいらっしゃるかもしれません。

その参考資料として、今、日本男子プロツアーで最も優勝しているボールはこれです↓↓

TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール Pro V1X ゴルフボール 12個 4ピース(ローナンバー) ユニセックス T2045S-J ホワイト

小平智選手や久保谷健一選手が使用していますが、
あとは外国人選手ばかり。
ここまで9勝を挙げています。

次に、多いのがブリヂストンのツアーB330X。
その次に多いのが、ツアーB Xです。
この二つは、ツアーB330XのNEWモデルがツアーB Xなので、
同じではありませんが兄弟モデルと言えるでしょうか。
この二つで8勝を挙げています。

しかも、ツアーB Xは、ツアーデビューしたのが7月で
そこからすでに4勝を挙げています。
これからもドンドン更に勝ち星を重ねていくでしょう。

2017新製品ブリヂストンゴルフ日本正規品TOUR B Xシリーズゴルフボール1ダース(12個入)【あす楽対応】

売れ筋ゴルフボールランキング2017年10月

Yahoo!の売れ筋ゴルフボールランキングが更新されました。

これからの秋シーズンへ向けて
ゴルフボールが売れているこの時期。

やっぱり強いのがタイトリストPROV1ですね。

最近では、松山英樹選手のSRIXONなどが人気上昇中ですし、
ブリヂストンのツアーBもNEWモデルが出てきていますが、
それでもやっぱり売れているのがPROV1とV1Xなんですよね。

世界で最も売れているボールはやはり日本でも強いですね。
⇒Yahoo!売れ筋ランキングはこちら