タイトリストPRO V1X 口コミ・レビュー

タイトリストPROV1シリーズの2019年モデルが登場しましたが、早くも高い評価が各方面から聞こえてきています。

ドライバーのTSシリーズが飛距離性能を上げてきたように、ボールも飛距離性能をしっかりと上げてきました。もちろん、打感やスピン性能を犠牲にすることなく飛距離を上げてきています。

実際に使っている方々の口コミ・レビューを見ていても、とにかく飛距離性能がかなり上がっているとの声が多いです。そして、V1Xの強烈なスピン性能にも絶賛の声が挙がっています。

PRO V1x 使用者の口コミ・レビューはこちら

タイトリスト PRO V1 2019ドライバーの打感は?

タイトリストPRO V1の2019年モデルが発売開始となりました。

PRO V1、V1Xともに、飛距離性能をかなり意識したボールとなっています。
飛距離アップを実現するために、コアの硬度をかなり高めました。
そのため、ドライバーの打感がかなり硬く感じるようになりました。打球音も高くなっています。

タイトリストPROV1 2019年モデルの詳細はこちら

2017年モデルのツアーボールが安い!

タイトリストPROV1やテーラーメイドTP5、SRIXON Z-STARといったツアーボールの2019年モデルが発売開始されたことに伴い、前のモデルである2017年モデルが非常に安くなっています。1ダース4000円くらいで購入できます。

2000円以上も安く購入できるようになりました。もちろんつい最近まで最新モデルとして使われていたボールですので、当然ながら最高品質のボールです。最安値ショップを調べてみたので、参考にしてみてください。

SRIXON Z-STAR 2017年の最安値はこちら↓↓

2017モデルダンロップ スリクソン日本正規品NEW Z−STARシリーズゴルフボール1ダース(12個入り)【あす楽対応】

テーラーメイドTP5 2017年モデルの最安値はこちら

TAYLOR MADE(テーラーメイド) ゴルフボール TP5 2017年モデル 12個入り ホワイト B1346001

タイトリストPRO V1の最安値はこちら↓↓

タイトリスト PRO V1 2017年モデルの詳細はこちら

タイトリスト PRO V1 2019 評価

タイトリストPRO V1 の2019年モデルが一般にも発売開始となりました。

これまでのタイトリストは、ドライバーもボールも、「飛び」を最重要項目に持ってきてはいませんでした。スピン性能や打感、安定したコントロール性能という部分の方が優先されてきました。

ところが、2018年にドライバーのTSシリーズが「飛び」にスポットを当ててきたことで、恐らくボールも「飛び」を意識してくるのだろうと考えられてきましたが、やはりその通りでした。
titleist-bana-

一番外側のウレタンカバーが更に薄くそして進化させることに成功しました。ショートゲームでのスピン性能やコントロール性能を向上させながらも、ロングショットでのスピード・飛距離性能の向上に役立っています。

そして、コアやカバー層も、どうすればスピード・飛距離を出すことが出来るのかと徹底的に研究されて開発されました。

実際に、PRO V1とV1Xを試打してみたことろ、どちらが飛ぶというわけでなく、飛距離性能はどちらも非常に良いように感じました。弾道がPRO V1の方が低めでV1Xの方が高め。打感がV1の方が柔らかい。ショートアイアンやショートゲームのスピン性能がV1Xは非常に良いですね。

世界No.1ボールの座がテーラーメイドのTP5に取られる危機感からか、2019年モデルのPROV1シリーズは非常にいいものが完成していると思います。


タイトリスト(TITLEIST) ゴルフボール 2019 Pro V1 ダブルナンバー ユニセックス T2026S-LEJ ホワイト


タイトリストPROV1Xの詳細はこちら

2019年モデルのツアーボールの特徴

2019年に入り、新しいボールが続々と発売開始されてきています。
まずは、SRIXON Z-STARとタイトリストPROV1。後にはテーラーメイドTP5なども発売されます。

2019年に発売されるツアーボールの特徴はどうなっているのでしょう。

まず、大きく印象が変わったのが、タイトリストPRO V1。昨年末に発売されたTSドライバーが飛距離に舵を切ってきましたが、やはりボールも飛距離を求める傾向が強くなっています。PRO V1は柔らかい打感を保ちつつも、低めの弾道と速い初速で飛距離アップさせました。PRO V1Xは、高弾道と速い初速に加えて、強烈なスピン性能を有しています。

【文字オンネーム】Titleist(タイトリスト)日本正規品 「PRO V1」、「PRO V1x」 ゴルフボール 2019新製品 1ダース(12個入り)

まだ発売されていませんが、テーラーメイドのTP5シリーズ。こちらは前のモデルも飛距離性能が優れていましたが、2019年モデルもやはり抜群の飛距離性能を有しています。今年からリッキーファウラーも契約していきなり優勝。本当に強い選手たちが使う強いボールです。

テーラーメイドTP5の詳細はこちら

横峯さくら 使用ボール 2019

長年ダンロップと契約していた横峯さくら選手が、2019年ダンロップと離れる決断をしました。

ゼクシオと言えば横峯さくらのイメージを持っているファンも多かったかもしれませんが、ドライバーから全てダンロップ以外のクラブを使用するようです。

ボールも同様で2019年は、タイトリストPROV1を使用していくようです。

【マラソン期間限定 ポイント5倍】2/9 20:00 – 2/16 1:59まで★【オウンネーム】【2019年モデル】 タイトリスト プロV1 V1X ボール(ホワイト) 1ダース(12球)titleist PRO V1 PRO V1X

タイトリストPROV1 2019年モデル 発売日

タイトリストのプロV1ボールの2019年モデル発売日が発表されました。

発売日は、2月8日です。

2019年モデルはイエローもラインナップされており、その発売は3月と発表されています。


無料オウンネーム対応・1ダース価格 タイトリスト PRO V1 / PRO V1x ゴルフボール 2019年モデル

タイトリストPROV1 2019年モデル

タイトリストのPRO V1の2019年モデルが、ツアープロたちに支給されています。

まだ各選手たちはテスト段階ですが、すでにラウンドで使用している選手もおり、その感想が伝わってきています。

PRO V1 の2019年モデルですが、飛距離性能がかなり伸びているそうです。藤田寛之選手や谷口徹プロがその飛距離性能を評価されています。

これは単なる宣伝で過大評価しているわけではありません。同じくタイトリストのNEWモデルであるTSドライバーが、重心を深く、低く、慣性モーメントを大きくして、飛距離アップを図ってきました。世界のゴルフが、低スピンでストレート系のビッグボールが主流となってきていますが、タイトリストもその流れに乗ってきたことが明確になったのです。

今、テーラーメイド勢が使っているTP5ボールが、スピン量を減らして飛距離性能を上げて多くの選手が大活躍していますが、タイトリストも同じような方向性になってきているのでしょう。

まだまだ詳細は分かっていない部分が多いのですが、恐らく、飛距離性能がアップしているというのは、本当との所なのだと思われます。

発売は、これまでモデルと同じようなスケジュールになるなら、2019年の年明けになるでしょう。世界中で最も使用されるゴルフボールであるタイトリストPROV1.その2019年モデルの発売が本当に楽しみです。


スポンサーリンク

飛んでスピンも効くゴルフボール

以前のゴルフボールは
「飛ぶボールはスピンが効かない」
「スピンが効くボールは飛ばない」
という性質がありました。

しかし、最近のボールは非常に性能が良くなってきて、
飛ぶしスピンも効くというボールが多くなってきています。

その最たる例が、タイトリストPRO V1Xですね。
世界中の非常に多くのツアープロが使用していますが、
飛距離性能もトップクラスですし、スピン性能もトップクラスです。

タイトリストPRO V1X の詳細はこちら

以前もこのサイトでご紹介したのですが、
スピン性能は、PRO V1XよりもPRO V1の方が良いというイメージをお持ちの方も多いようなのですが、実はスピン性能もV1Xの方がいいです。
そのことはタイトリストの公式サイトにも記されています。
titleist-hyou

タイトリストPROV1とV1X 比較 2017年モデル

タイトリストのツアーボールPRO V1とV1X。
今さらご紹介する必要もないくらい有名なボールですね。

しかし、私の周りのゴルフ仲間が勘違いしていることが多いことがあるので、改めてご紹介させていただきたいと思います。

2017 V1 タイトリスト PRO V1 ・ V1X 1ダース(12球入り) ゴルフボール タイトリストボール SMTS1 [CENTER]【GS7】【ASU】

V1とV1Xを比較した時に

「V1はスピン系でV1Xはディスタンス系」

という言葉が多々使われます。

これって間違っていますよね??

「V1Xが飛距離重視タイプ」
これは間違ってないと思います。

けれども「V1がスピン系」というのは??

実は、アイアンやショートゲームでのスピン量ってV1Xの方が多いです。
もちろん、他のメーカーのボールと比較した際には、V1もスピン量が非常に多いのですが、V1とV1Xで比較した際にはV1Xの方がスピンが多いです。

日本では、一昔前までブリヂストンのボールが圧倒的に人気でした。
ブリヂストンのボールは、Xは飛距離重視タイプでSがスピン重視タイプなので、そのイメージが強いのかもしれませんね。

PROV1とV1Xで比較した時に
飛距離も出て、ショートゲームでスピンが効くのはPROV1Xで、
打感が非常に柔らかいのがPROV1です。

もちろん、どちらも他のボールと比較した時には、
飛距離も出て、スピンも効くと言えます。

スンス・ハン 使用ボール 2017

カシオワールドオープンで優勝したスンス・ハン選手。

使用していたボールは、タイトリストのPROV1X。
これで日本ツアーでは、PROV1Xが4連勝。
圧倒的な強さですね。

【即日発送15時まで】タイトリスト 2017モデル PRO V1 ・ V1X 1ダース(12球入り) 【Titleist】【ゴルフボール】【日本正規品】【激安】 [CENTER]【ASU】

日本でも強いタイトリストPRO V1X

世界中で勝ちまくっているタイトリストのPROV1シリーズ。

中でも、飛距離重視タイプのPROV1Xが絶好調です。

タイトリスト PRO V1X の詳細はこちら

日本ツアーでも、ケプカ選手、小平智選手、チャンキム選手と3連勝中。
今週キムキョンテ選手が優勝すれば4連勝となります。

最近は、プロもV1Xやブリヂストン ツアーB X、Z-STAR XVといった飛距離重視タイプを選ぶ選手が多くなってきています。
ボールの性能がドンドン上がってきて、飛距離重視タイプと言っても、スピン性能や打感が良くなっているからでしょう。

ブルックス・ケプカ 使用ボール 2017‐2018

ブルックスケプカ選手が2017年もダンロップフェニックスに出場。
そして、2年連続で優勝しました。

さすが全米オープンチャンピオンという力を見せてくれました。
全く次元の違うゴルフ。
本人的にどういった調子だったのかはわかりませんが、
日本人選手を全く寄せ付けない、
危なげのない4日間のプレーでした。

そんケプカ選手が使用しているボールはこちら↓↓

TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール Pro V1X ゴルフボール 12個 4ピース(ローナンバー) ユニセックス T2045S-J ホワイト

タイトリストPRO V1 口コミ

タイトリストPRO V1の2017年モデル。

タイトリストPRO V1 の詳細はこちら
最近は、PROV1XやZ-STAR XV、ツアーB Xなど
スピンタイプではなくディスタンスタイプを使う選手が
プロでもアマでも多くなっています。

しかし、やはりこのPRO V1の人気は不動のもの。
私も試合に出場すると、やっぱりPRO V1を使っている選手が多いですし、
聞いてみるとその打感の良さは、他では味わえないと絶賛。
スピンの効き具合も秀逸です。

スピン系ですが、飛距離もディスタンス系に負けないくらいに飛びます。

実際に使用している方々の口コミも多数集まっていますが、
やはり評価が高いです。
タイトリストPROV1 使用者の口コミ・評価はこちら

日本ツアーで2017年シーズン最も優勝しているボールは?

秋のゴルフシーズン真っ只中で
ゴルフクラブやゴルフボールを新しくした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、これから違うモデルを試してみようかと言う方もいらっしゃるかもしれません。

その参考資料として、今、日本男子プロツアーで最も優勝しているボールはこれです↓↓

TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール Pro V1X ゴルフボール 12個 4ピース(ローナンバー) ユニセックス T2045S-J ホワイト

小平智選手や久保谷健一選手が使用していますが、
あとは外国人選手ばかり。
ここまで9勝を挙げています。

次に、多いのがブリヂストンのツアーB330X。
その次に多いのが、ツアーB Xです。
この二つは、ツアーB330XのNEWモデルがツアーB Xなので、
同じではありませんが兄弟モデルと言えるでしょうか。
この二つで8勝を挙げています。

しかも、ツアーB Xは、ツアーデビューしたのが7月で
そこからすでに4勝を挙げています。
これからもドンドン更に勝ち星を重ねていくでしょう。

2017新製品ブリヂストンゴルフ日本正規品TOUR B Xシリーズゴルフボール1ダース(12個入)【あす楽対応】