ダスティンジョンソン 使用ボール 2017

ダスティンジョンソンがボールを変えてきました。

テーラーメイドの2017年モデルTP5Xです。

5層構造になっており、
番手ごとに最適な打感・スピン量を実現しています。

ドライバーやアイアンでは過剰なスピンを抑えて
高弾道で飛ばしていきます。
ウエッジでは、柔らかい打感と高いスピン性能を実現しています。

テーラーメイドTP5Xの詳細はこちら

テーラーメイド ツアープリファード 2017年モデル 発売日

テーラーメイドの最新ボールが発表されました。

ツアープリファードの2017年モデルTP5とTP5Xです。

5ピースボールで
ドライバーでは低スピン。
アイアンでもこれまでより低スピン。
ショートゲームでは高スピン。

これを実現するために5ピースとなっています。

すでにセルヒオ・ガルシアがTP5で優勝!
ジョン・ラームがTP5Xで優勝!
発売前に、すでに2勝を挙げています。

発売日は、4月上旬です。

●テーラーメイド ボール2017 TP5/TP5x 1ダース

ゴルフボール 人気 プロでもディスタンス系

ゴルフボールの進化が非常に進んでおり、
ツアープロが使用するボールの傾向も変わってきています。

タイトリストPRO V1やSRIXON Z-STAR、
欧米ではテーラーメイド ツアープリファードと言った
ツアーボールが主に使用されている点は変わりません。

ただ、PRO V1では、ディスタンスタイプのV1Xの方が
Z-STARもディスタンスタイプのXVが、
テーラーメイドTPもディスタンスタイプのXの方が
多くのプロに使用されています。

以前は、ディスタンスタイプでは、
ショートゲームでのスピン量などが問題でした。
しかし、今では、ディスタンスタイプのショートゲームも
全く問題のないレベルにまで到達してきています。

加えて、コースセッティングが飛距離的にタフになってきており
ディスタンスタイプを使用する選手が多くなっているようです。


TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール PRO V1X ダブルプレイナンバー ボールナンバー:11、33、55、77


Z-STAR XVの詳細はこちら


テーラーメイドTP Xの詳細はこちら

アメリカツアー使用率ランキング ゴルフボール

アメリカツアーで多く使用されているボールをご紹介します。

最も使われているのは、タイトリストPROV1X。

TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール 15 PRO V1

2番目に多く使われるのは、
同じくタイトリストのPROV1.

タイトリストPROV1の詳細はこちら

3番目に多く使われているのは、
テーラーメイドツアープリファードXです。

テーラーメイドツアープリファードXの詳細はこちら

テーラーメイド ボール ツアープリファード TP 2016年モデル 評価

テーラーメイドから2016年モデルのツアープリファードが登場しました。

ツアーボールでは、コンプレッションが最も柔らかく
アプローチ性能や飛距離性能において優れたボールになります。

「ツアープリファード(TP」のコンプレッションは80.
4ピースボールです。

ツアープリファードの詳細はこちら

「ツアープリファードX(TPX」のコンプレッションは87.
5ピースボールです。