フェースを返して打つことで飛ばすことが出来る

飛ばないと悩むアマチュアゴルファーが多いですが、根本的にゴルフスイングについて間違った知識を持っている方が多いようです。

インパクトゾーンのクラブの動かし方ですが、皆さんはどのように考えていますか?
フェースの向きをできるだけ目標方向に真っ直ぐ向けて動かす?長いインパクトゾーンってフェースの向きを真っ直ぐ長く?
そんな風に考えている方も多いのではないでしょうか。

実は、間違いです。
フェースは返すものです。開いて入ってきたフェースがしっかりとローテーションして返していくのが基本です。

ドライバーショットでもアイアンショットでも同じです。
アイアンショットでは、フェースを返していくことで、低く長いインパクトゾーンを作ることが出来、大きなターフを取れるようになります。

プロが直ドラを打ちますよね?ティアップせずに地面の上にあるボールを打つことですが、プロは出来ますがほとんどのアマチュアは出来ないと思います。プロはちゃんとフェースを返すから地面にあるボールをドライバーでも打つことが出来ます。アマチュアは真っ直ぐフェースを出そうとするので、フェースに当たったとしても下に当たって低いライナーしか出ません。

フェースを返すということは、ゴルフスイングの基本中の基本です。ここからはじめれば、ゴルフの上達は非常に早いです。


スポンサードリンク