JGRボールが発売開始。低スピンで真っ直ぐ飛ばせるボール

ブリヂストンから新しいボールが登場しました。
プロも使用する飛ぶドライバーであるJGRは有名ですが、それと同じJGRという名前が付いたボールが誕生しました。

ブリヂストンJGRボールの詳細はこちら

このボールの特徴は、ボール全体として、外側が硬くて、内側になるにつれて柔らかくなるという構造をしています。
jgr-boal

これによって、インパクトでの球の弾きは非常によく初速が上がってくれます。また、インパクトでしっかりとボールが潰れてくれますので、スピン量が少ない球が飛んで行ってくれます。

ドライバーでもアイアンでも飛距離を出したいという方に大変おすすめのボールです。
また、ロングショットでのスピン量が少なくなりますので、球の曲がりも比較的少なくなります。飛んで曲がらないボールが欲しいというアベレージゴルファーには最高のボールなのではないでしょうか。
さらに、インパクトで球がフェースに乗る感覚が出やすく、打感の良さとして感じることが出来ます。

すでに実際に使用している方々の口コミ・レビューがゴルフダイジェストオンラインに寄せられています。
これからのゴルフシーズンに向けて、どのボールを使おうかと検討されている方には、是非参考にしていただきたいと思います。
⇒JGRボール 使用者の口コミ・評価はこちら

ゲーリー・ウッドランド 使用ボール

ゲーリー・ウッドランド選手がウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープンで久々の優勝を飾りましたが、この時使用されていたボールが、ブリヂストンのツアーB Xボールでした。
ブリヂストンとは契約していませんでしたが、オフにさまざまなボールをテストしていくなかで、風に強くて飛距離が得られ、自分のパフォーマンスに合った、ということでチョイスしたとのこと。

最近は、テーラーメイドやタイトリスト、SRIXONのボールが勢いがあるのですが、一昔前まではブリヂストンのボールが世界中で非常に評価が高い時代がありました。そして今、再び、ブリヂストンのボールが評価を受け始めています。
タイガーウッズやレキシー・トンプソンと言った世界トップ選手が、契約外でブリヂストンのボールを選んだことから、契約に至ったという経緯があったりと、契約外の選手がブリヂストンを選ぶことが増えてきています。それは、当然ですが、お金ではなくボールの性能が良かったからにほかなりません。

今回ウッドランド選手が使用したツアーB Xボールは、宮里優作選手や片岡大育選手、時松隆光選手、レキシートンプソン選手、ブライソン・デシャンボー選手と言ったトップ選手が使用するモデルです。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ゴルフボール TOUR B X (1ダース 12球入り) 8BWXJ Bマーク ホワイト

ゼクシオプレミアムボール 2018 評価

ゼクシオのプレミアムボールが登場しました。

高級感のある輝きを放つボールで贈答品に使われることが多いボールです。
この輝きは、高級車に使用されている高輝度顔料をコーティングすることで得られています。
xxio-premium
もちろんゴルフボールとしての性能も非常に高くなっています。
コアは非常に柔らかく、そして反発力の高いものが使われており、ロングショットでは高い打ち出し角からの低スピンで飛ばすことが出来ます。今どきの低スピンドライバーとの組み合わせで、高く打ち出されたボールがなかなか落ちてこないロングショットが期待できます。

カバーは、アイオノマーとなっていますが、非常にソフトなものとなっており、優れたアプローチスピン性能と心地よいソフトなフィーリングを実現しています。

【18年モデル】 ゼクシオ プレミアム ゴルフボール 1ダース (12球) XXIO PREMIUM DUNLOP ダンロップ

タイトリスト ボール 2018年モデルが発売

タイトリストからNEWゴルフボールが2月9日から発売開始となります。

発売されるのは3つのモデル。
・タイトリスト TOUR SOFT(ツアーソフト)
・タイトリスト VELOCITY(ベロシティ)
・タイトリスト DT TruSoft(ディーティー トゥルーソフト)

TOUR SOFTは、進化した製造工程と革新のテクノロジーを駆使して開発されたゴルフボールです。
タイトリストゴルフボール史上最大のコアと極薄4CEカバーが、非常にソフトな打感と圧倒的な飛距離性能、ショートゲームでの優れたコントロール性能をもたらします。

【先行予約】【18年モデル】タイトリスト ツアーソフト ボール 1ダース(12球) Titleist TOUR SOFT

VELOCITYは、さらなる飛距離を実現するために、よりソフトになった新設計LSXコアと最速カバーブレンドによって新たに生まれ変わりました。この新しいコアとカバーの組み合わせにより、ティーショットで大幅なバックスピン量の低減と驚異的なボール初速を実現。すべてのショットで高弾道の大きな飛びとグリーン上での優れたコントロール性能を可能にします。

タイトリスト VELOCITY の詳細はこちら

DT TruSoftは、コアとカバーを一新し生まれ変わりました。ボール初速向上、飛距離アップを実現。タイトリストで最もソフトな打感を備え、グリーン上でボールがより止まりやすく進化した2ピース・ゴルフボールです。

【先行予約】【18年モデル】タイトリスト DT トゥルーソフト ボール 1ダース(12球) Titleist DT TruSoft

キャロウェイ クロムソフト 2018 発売日

キャロウェイ クロムソフトの2018年モデルが発表されました。
すでにセルヒオガルシア選手がクロムソフトXを使用してツアー優勝を果たしています。
発売は、3月と発表されています。

キャロウェイ 2018 クロムソフト ゴルフボール [12球入り]

今回のクロムソフトは、アウターコアに「グラフェン」を注入したことでインナーコアを大きくし、やわらかくすることが可能になったことです。
chromesoft2018image
「グラフェン」とは、炭素原子が重なった「グラファイト」から分離した素材。非常に薄く、軽くて、柔軟性の高い素材でありながら、鋼鉄の200倍の強さを持ち、地球上で知られている素材の中で、最も強い素材と言われています。ゴルフ業界では初の採用で、他業界では航空機などにも使われています。
コアを大きくすることでボール初速を上げることが出来ます。しかし、硬いコアですとスピン量が増えてしまいますが、グラフェンを2層目にもってくることでインナーのコアを非常に柔らかくすることができました。その結果、初速が上がり、スピン量も少ないボールが完成しました。

ドライバーでは高初速+低スピンで飛ばし、
ミドルアイアンからショートアイアンといったアイアンのフルショットでは、スピン量を抑えて飛距離性能を上げています。
ショートゲームでは、より柔らかくなったカバーによってスピン量が大幅にアップしました。

レキシートンプソン ブリヂストン ツアーB X

レキシートンプソンがブリヂストンとボール使用契約を結びました。

トンプソンはブリヂストンのボールについて「びっくりするほど優れている。ボールをテストするとき、私が求めているものは飛距離、正確性、そして打感。どんなコンディションでも自信を持ってショットが打てるし、これまでよりも良いパフォーマンス、もっと良いゴルフができる自信がある」と語っています。

使用するボールは、ツアーB Xです。

2017新製品ブリヂストンゴルフ日本正規品TOUR B Xシリーズゴルフボール1ダース(12個入)【あす楽対応】

ダスティンジョンソン 飛びすぎるボール

ダスティンジョンソンが2018年もぶっ飛ばしています。
2018年の初戦となるセントリートーナメントofチャンピオンズでは、
パー4のティショットをあわやホールインワンになりそうなショットを放つなど、何度もパー4でワンオンをしていました。
これだけ飛ばすと、またゴルフボールの飛びすぎについて議論が巻き起こりそうですね。

そんなダスティンジョンソンが使用しているのは、テーラーメイドTP5X。


テーラーメイドTP5Xの詳細はこちら

ツアーボールの中で最も飛ぶという評判です。

片岡大育 使用ボール 2018

片岡大育選手が、2018年初戦となるソニーオープンinハワイに出場。
トータル11アンダーの18位でフィニッシュ。2018年非常に良いスタートを切りました。

今年は、アジア、ヨーロッパを中心に世界に進出予定。

飛距離が出ないというイメージの片岡選手ですが、
ハワイではパー5を2オンするなど十分通用していました。

使用しているボールは、ブリヂストンツアーB X。

ブリヂストン ツアーB X の詳細はこちら

ゴルフが上手な人ってどんなボールを使っているの?

ゴルフが上手な人ってどんなボールを使っているの?
やっぱりプロが使うツアーボールを使っているものなの?

本当に上手な日本アマなんかに出場している選手は、
メーカーからボールを支給してもらっている方も多いですし、
やはりプロが使用しているようなツアーボールを使っている選手がほとんどです。

しかし、県の競技レベルに出場している選手というのは、
結構ディスタンスタイプを使っている人もいます。
意外と無頓着な方も多くて、コンペでもらったボールを試合で使っている選手なんかもいます。

比較的若いプレーヤーはツアーボールを使っていて、
ご年配のプレーヤーはボールに無頓着な方が多いように感じます。

実際、使い慣れたボールであれば、何でもいいように思います。
やはりボールによって打感やスピン量、飛距離など違ってきますので、基本的にはボールは固定しておいた方がいいのは確かでしょう。
ですが、非常にスピンが効くツアーボールだからスコアが良くなるということはないでしょう。あまりに廉価なボールは、さすがに飛ばないしスピンもかからないので止めておいた方が無難ですが、そこそこ名前の通っているメーカーのボールであれば大丈夫でしょう。
いくつかのブランドを試してみて、ご自身の気に入ったボールを使えばいいかなと思います。

比較的お求め安く、おすすめのボールはこちら↓↓

2017新製品ダンロップ スリクソンTRI-STAR(トライスター)ゴルフボール1ダース(12個入り)
ツアーボールのZ-STARへの導入モデルとして位置づけられているボールですが、飛距離も出ますし、スピンも普通に効いてくれますのでお勧めです。

クロムソフト 2018 発売日

キャロウェイから新しいクロムソフトが発表されました。
2016年モデル2017年モデルに続き、2018年モデルが登場。
クロムソフトとクロムソフトXがラインナップされています。
発売日は、2018年3月と発表されました。

飛んでスピンも効くゴルフボール

以前のゴルフボールは
「飛ぶボールはスピンが効かない」
「スピンが効くボールは飛ばない」
という性質がありました。

しかし、最近のボールは非常に性能が良くなってきて、
飛ぶしスピンも効くというボールが多くなってきています。

その最たる例が、タイトリストPRO V1Xですね。
世界中の非常に多くのツアープロが使用していますが、
飛距離性能もトップクラスですし、スピン性能もトップクラスです。

タイトリストPRO V1X の詳細はこちら

以前もこのサイトでご紹介したのですが、
スピン性能は、PRO V1XよりもPRO V1の方が良いというイメージをお持ちの方も多いようなのですが、実はスピン性能もV1Xの方がいいです。
そのことはタイトリストの公式サイトにも記されています。
titleist-hyou

ミズノ JPX DE 最安値

2016年モデルのボールながら、
今なお一番飛ぶボールと言われているミズノJPX DEボール。

飛ぶ理由は、空気抵抗。世界最多ディンプルがボールに浮力を与えて、ボールがなかなか落ちてこない滞空時間の長いビッグドライブを実現します。

2016年モデルですので、少し値段は下げっているものの、やはり人気ボールですので、それほど値が崩れていません。現時点での最安値はこちら。送料も無料です。

MIZUNO(ミズノ) ゴルフボール JPX DE パールホワイト 1ダース 5NJBM74620 12P

ツアーボールで最も飛距離が出るボール

プロが使用するツアーボール。
タイトリストPROV1やSRIXON Z-STAR、テーラーメイドTP5などがありますが、
その中で最も飛距離性能が高いと言われているのがテーラーメイドTP5X。

ダスティンジョンソンやジョンラーム、ローリーマキロイらが使用しており
選手たちからも飛ぶという評価が高くなっています。
選手の評価だけでなく、ゴルフ雑誌での調査でもNo.1となっています。

そんなテーラーメイドTP5Xですが、
ふるさと納税の返礼品でいただくこともできます。
ふるさと納税をすると、その納税をした額から2000を引いた額が翌年の税金から控除されます。
すなわち実質2000円の負担で返礼品をいただくことが出来るというわけです。
岐阜県七宗町では、TP5Xを3ダースも下さいます。たった2000円の負担で、3ダースです。非常にお得に手に入ります。

【ふるさと納税】テーラーメイドTP5X 2017モデルホワイト3ダース36球セット

タイトリストPROV1とV1X 比較 2017年モデル

タイトリストのツアーボールPRO V1とV1X。
今さらご紹介する必要もないくらい有名なボールですね。

しかし、私の周りのゴルフ仲間が勘違いしていることが多いことがあるので、改めてご紹介させていただきたいと思います。

2017 V1 タイトリスト PRO V1 ・ V1X 1ダース(12球入り) ゴルフボール タイトリストボール SMTS1 [CENTER]【GS7】【ASU】

V1とV1Xを比較した時に

「V1はスピン系でV1Xはディスタンス系」

という言葉が多々使われます。

これって間違っていますよね??

「V1Xが飛距離重視タイプ」
これは間違ってないと思います。

けれども「V1がスピン系」というのは??

実は、アイアンやショートゲームでのスピン量ってV1Xの方が多いです。
もちろん、他のメーカーのボールと比較した際には、V1もスピン量が非常に多いのですが、V1とV1Xで比較した際にはV1Xの方がスピンが多いです。

日本では、一昔前までブリヂストンのボールが圧倒的に人気でした。
ブリヂストンのボールは、Xは飛距離重視タイプでSがスピン重視タイプなので、そのイメージが強いのかもしれませんね。

PROV1とV1Xで比較した時に
飛距離も出て、ショートゲームでスピンが効くのはPROV1Xで、
打感が非常に柔らかいのがPROV1です。

もちろん、どちらも他のボールと比較した時には、
飛距離も出て、スピンも効くと言えます。

ミズノ 飛ぶボール JPX DE

ミズノのJPX DE ボール。
2016年に発売されたボールなのですが、
各ゴルフ雑誌などの飛ぶゴルフボールランキングで
今でもトップに立っています。

世界最多ディンプルがボールの落下速度を遅くして
伸びのある球になってくれます。

ヘッドスピードが速い方も遅い方も
抜群の飛距離性能を発揮してくれます。

JPX DE の詳細はこちら