ミズノ JPX DE 最安値

2016年モデルのボールながら、
今なお一番飛ぶボールと言われているミズノJPX DEボール。

飛ぶ理由は、空気抵抗。世界最多ディンプルがボールに浮力を与えて、ボールがなかなか落ちてこない滞空時間の長いビッグドライブを実現します。

2016年モデルですので、少し値段は下げっているものの、やはり人気ボールですので、それほど値が崩れていません。現時点での最安値はこちら。送料も無料です。

MIZUNO(ミズノ) ゴルフボール JPX DE パールホワイト 1ダース 5NJBM74620 12P

ミズノ 飛ぶボール JPX DE

ミズノのJPX DE ボール。
2016年に発売されたボールなのですが、
各ゴルフ雑誌などの飛ぶゴルフボールランキングで
今でもトップに立っています。

世界最多ディンプルがボールの落下速度を遅くして
伸びのある球になってくれます。

ヘッドスピードが速い方も遅い方も
抜群の飛距離性能を発揮してくれます。

JPX DE の詳細はこちら

タイトリストVG3ボール2016が割引セール中!

タイトリストのVG3ボール2016年モデルが
かなり安くなって販売されています。


タイトリストVG3 2016年モデルの詳細はこちら

非常に柔らかいコアで、インパクトでしっかりボールが潰れてくれて
スピン量の少ないボールを打つことが出来ます。
ドライバーでは、曲がらずに飛ぶ!
直進性能が高いので、ミスが小さくなるのでスコアにも直結します。

またショートゲームでは、適度なスピン量で
十分な性能を発揮してくれます。

ブリヂストン B330X 評価・口コミ

ブリヂストンのツアーボールB330には、
SとXの2タイプあります。

どちらも飛距離性能、スピン性能、打感に優れていますが、
Xはより飛距離性能を高めており、
Sはよりスピン性能を高めています。

出球の高さは、Xの方がやや高く、
Sの方がフェースにくっついて低く出ていく印象です。

実際に使用している方々の口コミ・評価がたくさん集まっていますので参考にしてみてください。
⇒ブリヂストンツアーB330X 使用者の口コミ・評価はこちら


【即納!】ブリヂストンゴルフ TOUR B330 X/B330 S ゴルフボール 1ダース(12球入)[BRIDGESTONE GOLF ツアー TOUR B330X B330X][送料無料]【あす楽対応】

V10 最新モデル レビュー

ブリヂストンのV10最新モデルを使ってみました。
v10-2016
アプローチの打感やスピン性能などは、
本当に良くなっており、
プロV1やZ-STARなどとそん色ないくらいです。

ドライバーに関しては、
Z-STARなどのような重い感じがないので
ヘッドスピードがそれほど速くなくても
使いやすくて飛んでくれます。

ヘッドスピード43m/sくらい以下の方には、
非常に使いやすく良いボールだと思います。



ブリヂストンV10の詳細はこちら

ゼクシオ プレミアム 2016 飛ぶ!

XXIO プレミアムの2016年モデル。

スーパーソフトスリーピースで
ヘッドスピードがそれほど速くなくても
ボールがしっかりとたわんで
低スピンで飛んでくれます。

カバー表面のコーティングも
非常にキレイで高級感があります。


ゼクシオプレミアムの詳細はこちら

タイガーウッズ 使用ボール 2017

タイガーウッズが試合に戻ってきました。

長年使用契約を結んでいたナイキが
事業から撤退したことで
どこのメーカーの用具を使うのかが話題になっています。

復帰戦の「ヒーローワールドチャレンジ」で
ブリヂストンのツアーB330-Sを使いました。

そして、ブリヂストンと複数年契約を結びました。
タイガーは、「ボールは僕の用具の中で非常に
重要なパートのひとつだ。
僕はプレーするためじゃなく勝つためにいる。
ブリヂストンのボールは勝つためのヘルプをしてくれる」
と語っています。

そもそも、ナイキのボールは
当初からブリヂストンがOEM生産していたと
言われていますので、
タイガーが信頼するのも当然かもしれません。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ゴルフボール TOUR B TOUR B330S BマークEdition ユニセックス GSBXT ホワイト

パトリック・リード 使用ボール 2016

今シーズン好調のパトリック・リード。

使用しているボールは、
女子プロやアマチュアからも人気が高いキャロウェイ クロムソフト

第三のボールと言われるウレタンディスタンスボールです。

コアが柔らかく、ロングショットでは
ボールがしっかりと潰れてくれて低スピンで飛びます。
私も使ったことがありますが、
非常にスピン量が少ないので左右の曲がりも少なく
アゲンストに本当に強いですい。

そしてショートゲームでは、
ウレタンカバーが効いてくれて
柔らかな打感と丁度良いスピン量で
私たちアマチュアが使いやすいボールとなっています。

ゴルフボール 人気 プロでもディスタンス系

ゴルフボールの進化が非常に進んでおり、
ツアープロが使用するボールの傾向も変わってきています。

タイトリストPRO V1やSRIXON Z-STAR、
欧米ではテーラーメイド ツアープリファードと言った
ツアーボールが主に使用されている点は変わりません。

ただ、PRO V1では、ディスタンスタイプのV1Xの方が
Z-STARもディスタンスタイプのXVが、
テーラーメイドTPもディスタンスタイプのXの方が
多くのプロに使用されています。

以前は、ディスタンスタイプでは、
ショートゲームでのスピン量などが問題でした。
しかし、今では、ディスタンスタイプのショートゲームも
全く問題のないレベルにまで到達してきています。

加えて、コースセッティングが飛距離的にタフになってきており
ディスタンスタイプを使用する選手が多くなっているようです。


TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール PRO V1X ダブルプレイナンバー ボールナンバー:11、33、55、77


Z-STAR XVの詳細はこちら


テーラーメイドTP Xの詳細はこちら

飛んで曲がらないボール

飛んで曲がらないボールってあるでしょうか?
という質問をいただくことがあります。

「曲がらない」ボールはありませんが、
「飛んで曲がりにくい」ボールをお探しなら
ディスタンスタイプのボールか
ウレタンディスタンスのボールをお勧めしています。

ディスタンス系やウレタンディスタンスは、
コアが柔らかくなっておりインパクトでボールがしっかりとたわみます。
たわむことで、低スピンの球が出ます。
低スピンになることで伸びのある大飛球が可能になり
アゲンストで吹け上がることも少なくなります。

またスピン量が少ないということは
サイドスピンも少なくなりますので
曲がりにくくなるのです。

ですので、スライスやフックなどで
OBが多く出てしまう方は、
ディスタンス系やウレタンディスタンスを使用するといいでしょう。

コアが非常に柔らかい人気ウレタンディスタンスV10↓↓

BRIDGESTONE(ブリヂストン) TOUR B V10 ゴルフボール 1ダース 12球入 パールホワイト RVGX

非常に飛ぶディスタンス系ミズノJPX↓↓

JPX DEの詳細はこちら

ミズノJPX DE 評価・レビュー

ミズノJPX DE の最新モデルは発売されました。

MIZUNO(ミズノ) ゴルフボール JPX DE パールホワイト 1ダース 5NJBM74620 12P

ディンプル数を更に増やして
世界最多を更新してきました。

前作は、各種ゴルフ雑誌の調査で
飛距離No.1に輝いていましたが、
最新作はどうでしょうか??

今回のボールも、ディスタンスタイプとなっており
低スピンボールで非常に伸びのある球が出てくれます。
前作と比較して、視覚的に凄く飛ぶな!
というところまでは分かりませんが、
確かに飛んでいるような気がします。

ホームコースで18ホール使ってみたのですが、
平均的にいつもよりも飛んでいるように思いました。

打感では、元々ドライバーは柔らかい打感だったのですが、
今作も気持ちいい打感ですね。

アプローチでのスピン性能は、
ランを計算して寄せる感じになりますね。
そこは、いつもディスタンスタイプを使っている方なら
違和感なく寄せられると思います。


JPX DEボールの詳細はこちら

ツアーボールはヘッドスピードが遅いと飛ばない?

タイトリストPRO V1やSRIXON Z-STARといった
プロも使用するツアーボールは、
ヘッドスピードが遅いプレーヤーが使うと
飛ばないのでしょうか?

たしかに、少し前までは
そのように言われていました。
というのは、ツアーボールは、
コアが硬くヘッドスピードが速くなければ
インパクトでボールがしっかりと潰れず
スピン量が増大してしまいました。

しかし、今のツアーボールは
女子プロも男子プロと同じボールを使います。

例えば、日本で最も使われている
SRIXON Z-STAR。

ディスタンスタイプよりは硬いですが、
内柔外剛に取り組んでおり
近年コアがドンドン柔らかくなってきています。
柔らかくても反発力が高いボールを開発されているのです。

ゴルフボールの進化は、本当にスゴイです。


DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z-STAR ゴルフボール 1ダース ホワイト

ウレタンディスタンスボールは曲がりにくい

ウレタンディスタンスボールは、
コアが柔らかく、更にカバーもウレタンです。

ドライバーなどのロングショットでは、
コアがしっかりと潰れてくれるので
スピン量が少なくなります。

スピン量が少ないと飛びやすいですが、
更にサイドスピンもかかりにくいので
曲がりにくくなります。

アゲンストなど
曲がりやすい場面では、
スピン系ボールとの差は歴然です。

ブリヂストンV10 2016年モデル 評価

ブリヂストンの人気ボールV10を使用してみましたので
その感想をお伝えします。

V10 2016年モデルの詳細はこちら

まず、ウレタンディスタンスとなって
アプローチでの打感やスピン性能が非常に良くなりました。
また、コーティングも注目されていますが、
いいと思います。
もちろん、スピン系ボールに比べると
スピン性能は劣ると思いますが、
これくらいのスピンの方が
距離感が合うというアマチュアの方は多いと思います。

ドライバーなどのロングショットの飛距離性能は
非常にいいですね。
コアが柔らかいので、スピンが少なく、
アゲンストなどの風の影響を受けにくいです。
ですので、ボールは曲がりにくく、飛んでくれます。

トータルとして本当に良いボールだと思います。

一般的なアマチュアゴルファーにとって
非常に使いやすくスコアもまとまりやすいボールです。

すでに、ゴルフダイジェストオンラインでも
実際の使用者からの口コミ・レビュー届いていますので
是非参考にしてみてください。
⇒V10 2016年モデルの口コミ・レビューはこちら

アメリカツアー使用率ランキング ゴルフボール

アメリカツアーで多く使用されているボールをご紹介します。

最も使われているのは、タイトリストPROV1X。

TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール 15 PRO V1

2番目に多く使われるのは、
同じくタイトリストのPROV1.

タイトリストPROV1の詳細はこちら

3番目に多く使われているのは、
テーラーメイドツアープリファードXです。

テーラーメイドツアープリファードXの詳細はこちら