ゴルフが上手な人ってどんなボールを使っているの?

ゴルフが上手な人ってどんなボールを使っているの?
やっぱりプロが使うツアーボールを使っているものなの?

本当に上手な日本アマなんかに出場している選手は、
メーカーからボールを支給してもらっている方も多いですし、
やはりプロが使用しているようなツアーボールを使っている選手がほとんどです。

しかし、県の競技レベルに出場している選手というのは、
結構ディスタンスタイプを使っている人もいます。
意外と無頓着な方も多くて、コンペでもらったボールを試合で使っている選手なんかもいます。

比較的若いプレーヤーはツアーボールを使っていて、
ご年配のプレーヤーはボールに無頓着な方が多いように感じます。

実際、使い慣れたボールであれば、何でもいいように思います。
やはりボールによって打感やスピン量、飛距離など違ってきますので、基本的にはボールは固定しておいた方がいいのは確かでしょう。
ですが、非常にスピンが効くツアーボールだからスコアが良くなるということはないでしょう。あまりに廉価なボールは、さすがに飛ばないしスピンもかからないので止めておいた方が無難ですが、そこそこ名前の通っているメーカーのボールであれば大丈夫でしょう。
いくつかのブランドを試してみて、ご自身の気に入ったボールを使えばいいかなと思います。

比較的お求め安く、おすすめのボールはこちら↓↓

2017新製品ダンロップ スリクソンTRI-STAR(トライスター)ゴルフボール1ダース(12個入り)
ツアーボールのZ-STARへの導入モデルとして位置づけられているボールですが、飛距離も出ますし、スピンも普通に効いてくれますのでお勧めです。

SRIXON TRI-STAR 使用感 口コミ

SRIXON TRI-STAR でラウンドしてきました。

SRIXON TRI-STAR の詳細はこちら

まずは、ドライバーでのティーショットから。
高さは出ますし、スピン量も適量。打感も柔らかい。
飛距離も普通に出ています。

アイアンでも、グリーンでキッチリ止まりますし、
打感も問題ありません。

アプローチでは、ツアーモデルに比べると
スピンが少ないかなという印象。
ですが、その辺りは慣れの問題もあるかと思います。
激スピンよりも少し少ない方が距離感がある人もいるでしょうから。

パッティングも柔らかめの打感です。

費用対効果としては、バッチリでしょう。

私の他にも、実際に使用している方々の口コミ・評価も参考にしてみてください。
⇒TRI-STAR 使用者の口コミ・評価はこちら

SRIXON TRI-STAR アプローチ スピン

SRIXONのTRI-STAR 2017年モデルが届いたので
早速使ってみました。

90を切ることを目標とするゴルファーのために作られたモデル。
基本はディスタンス系ボールとなっており、
カバーはアイオノマー。
そしてコーティングがZ-STARと同じSpin Skinコーティングを採用しています。

アプローチのスピンは、それほど期待をしていなかったのですが、
結構かかってくれますね。
インパクトでボールがしっかりフェースにくっついてくれて
中弾道でボールが飛び出して、そしてグリーン上でキュキュっとスピンがかかって止まりやすいです。
ディスタンス系というと、フェースに乗る感じがなく球が高く飛び出る感じですが、フェースに食いついてくれるのが良い意味で予想外でした。

アプローチのスピン性能は、全く問題ないというか、これくらいがちょうどいいかなという感じで、私個人としてはこのボールがエースとして使えるなという感じです。
お値段も安いですしね。

DUNLOP(ダンロップ) ゴルフボール SRIXON TRI-STAR トライスター ゴルフボール 2017年モデル 1ダース(12個入り) プレミアムホワイト

ゴルフボールの選び方

ゴルフボールの選び方、選ぶ基準を考えたいと思います。

クラブセッティングにも言えることだと思いますが、
まずはご自身のゴルフのレベルから考える必要があるでしょう。

100くらいでラウンドされる方なら、
ボギーペースにダボやトリプルが入ってしまう感じでしょうか。
ダボペースにボギーやパーが入ってくる感じかもしれません。
どちらにせよ、これくらいのスコアなら、パーオン率はかなり低いでしょう。
10%~20%くらいが平均でしょうか。

であるならば、ドライバーショットやアイアンショットは
そこそこで十分だと考えることもできるでしょう。
ほとんど毎ホールでアプローチが必要になってきているはずです。
ということは、重視すべきはアプローチやパターにおける
ご自身の好みということになるかもしれません。

アプローチでしっかりとスピンで止めたいならスピン系ボール。
高さで止めたいならアイオノマーカバーの方が球は上がりやすいのでディスタンス系ボール。
そんな選び方もあります。

ドライバーやアイアンが苦手で
とにかくまっすぐ飛んでくれたらうれしいという方は、
スピン系ではなくディスタンス系が良いでしょう。
スピン系はサイドスピンもかかりやすいので曲がりやすいと言えますから。

上級者になれば、もう好みの問題となってきますね。
パターのフィーリングやアプローチの高さやスピン量など
本当にそれぞれイメージするものが違いますから。

典型的なスピン系ボール

TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール Pro V1 ゴルフボール 12個 3ピース(ダブルナンバー) ユニセックス T2025S-LEJ ホワイト

ディスタンス系ボール

【2017新製品】 ダンロップ スリクソン スリクソン トライスター2(12球入) [TRI-STAR2] 【ダンロップ】【ゴルフボール】 【日本正規品】【GS7】【ASU】

スピン系とディスタンス系のいいとこ取りのウレタンディスタンス系

キャロウェイ クロムソフトXの詳細はこちら

SRIXON TRI-STAR 2017 最安値

SRIXONのTRI-STARの最新2017年モデルが
アルペングループで期間限定割引実施中です。

9月発売モデルでまさに最新モデル。
私自身も一度試してみたいと思っていたので
注文しておきました。

楽天はこちら↓↓

ダンロップ スリクソン 2017 SRIXON TRI-STAR トライスター ゴルフボール 1ダース(12個入) : プレミアムホワイト DUNLOP

Yahoo!ショッピング↓↓

TRI-STAR の詳細はこちら

SRIXON TRI-STAR2 2017年モデル

SRIXONの大ヒットボールTRI-STAR の2017年モデルが登場しました。

Z-STARへの登竜門的な位置づけのボール。
コアが柔らかく、カバーがアイオノマーのディスタンスタイプです。

ディスタンス系ボールではありますが、
Z-STARと同じ「Spin Skinコーティング」を採用。
フェースとの摩擦が大きくなり、アプローチスピン量がアップします。


SRIXON TRI-STAR 2017 の詳細はこちら