ゴルフボール2015年モデルと2017年モデルでの違い

2017年、NEWモデルのボールが続々発売されています。

前回に発売されたのが2015年。
2年前のモデルと比べてどれくらい変わっているのでしょうか?

ボールには、大きく分けてコアの部分とカバーの部分があります。
ボールによってはミッド層と呼ばれる部分もあり3ピース4ピースというものもあります。

例えば、SRIXON Z-STAR XV。
松山英樹モデルのボールと言っても過言ではないくらいに
松山選手の意見が全面的に反映されたボールです。
正直、このボールは2015年モデルと2017年モデルで大きく性能が異なります。
コアもカバーも一新されています。

DUNLOP(ダンロップ) ゴルフボール SRIXON Z-STAR XV ゴルフボール 2017年モデル 1ダース(12個入り) ホワイト

これに対して、タイトリストPROV1Xは、
コアはそのままでカバーの部分だけが変わっているそうです。
それでもこの変化が非常によく、2017年モデルの評価がとても高いです。

ただ、その変化というのは、
余程繊細な感覚の持ち主でないとわかりません。
プロでもあまりわからないという選手も結構多いですね。

【即日発送15時まで】タイトリスト 2017モデル PRO V1 ・ V1X 1ダース(12球入り) 【Titleist】【ゴルフボール】【日本正規品】【激安】 [CENTER]【ASU】

SRIXON Z-STAR XV 2015年USモデルが売れています

楽天で常に売れ行き上位にいるのが
SRIXON Z-STAR XVの2015年モデルでUSモデル。

1つ前のモデルで、さらにUSモデルということですが、
2017年モデルとの違いについては正直我々アマチュアレベルではわかりませんし、
プロでも相当繊細な選手以外は分かりません。

日本モデルとUSモデルの違いは、
生産管理の違いだけだと言われています。
基本的には同じです。

【2015年モデル】ダンロップ スリクソンZ-STAR 4、Z-STAR XV 4ゴルフボール 1ダース(12個入)[DUNLOP SRIXONZ-STAR 4、Z-STAR XV 4]USモデル

SRIXON Z-STAR XV 口コミ・評価

松山英樹選手の意見がかなり大きく反映されたSRIXON Z-STAR XVの2017年モデル。

2017年2月に発売開始され、アマチュアのプレーヤーからも
大きな反響を呼んでいます。

実際に使用している方々からの口コミ・評価もたくさん集まってきています。
⇒SRIXON Z-STAR XV 使用者の口コミ・評価はこちら

松山英樹 使用ボール SRIXON Z-STAR XV 2017

松山英樹選手が使用するゴルフボールは
SRIXON Z-STAR XV 2017年モデルです。

このボールはまだ一般には発売されておらず
発売日は2017年2月10日です。

松山選手はこのボールに対して
今までのボールより飛距離が伸びている。
打ったときの食いつきもすごく良い。
アイアンはアメリカでやっていく上で
止まるボールが欲しかったので、
スピンがきっちり入る事にとても満足している。
アプローチでも、更にスピンが入り食いつきが良くなったし、
ラフからでも安定してスピンがかかるので、すごく進化しています、
との評価をしています。

DUNLOP(ダンロップ) ゴルフボール SRIXON Z-STAR XV ゴルフボール 2017年モデル 1ダース(12個入り) ホワイト

SRIXON Z-STAR 値下げ 安売り中!

SRIXON Z-STAR の2017年モデルが
ツアーでテストされており、
年明け早々に発売が予想されています。

現在は、2015年モデルのZ-STARの
値下げが始まっています。
ゴルフダイジェストオンラインでも大幅値下げ開始です!

SRIXON Z-STAR 値下げはこちら

ゴルフボール 人気 プロでもディスタンス系

ゴルフボールの進化が非常に進んでおり、
ツアープロが使用するボールの傾向も変わってきています。

タイトリストPRO V1やSRIXON Z-STAR、
欧米ではテーラーメイド ツアープリファードと言った
ツアーボールが主に使用されている点は変わりません。

ただ、PRO V1では、ディスタンスタイプのV1Xの方が
Z-STARもディスタンスタイプのXVが、
テーラーメイドTPもディスタンスタイプのXの方が
多くのプロに使用されています。

以前は、ディスタンスタイプでは、
ショートゲームでのスピン量などが問題でした。
しかし、今では、ディスタンスタイプのショートゲームも
全く問題のないレベルにまで到達してきています。

加えて、コースセッティングが飛距離的にタフになってきており
ディスタンスタイプを使用する選手が多くなっているようです。


TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール PRO V1X ダブルプレイナンバー ボールナンバー:11、33、55、77


Z-STAR XVの詳細はこちら


テーラーメイドTP Xの詳細はこちら

ツアーボールはヘッドスピードが遅いと飛ばない?

タイトリストPRO V1やSRIXON Z-STARといった
プロも使用するツアーボールは、
ヘッドスピードが遅いプレーヤーが使うと
飛ばないのでしょうか?

たしかに、少し前までは
そのように言われていました。
というのは、ツアーボールは、
コアが硬くヘッドスピードが速くなければ
インパクトでボールがしっかりと潰れず
スピン量が増大してしまいました。

しかし、今のツアーボールは
女子プロも男子プロと同じボールを使います。

例えば、日本で最も使われている
SRIXON Z-STAR。

ディスタンスタイプよりは硬いですが、
内柔外剛に取り組んでおり
近年コアがドンドン柔らかくなってきています。
柔らかくても反発力が高いボールを開発されているのです。

ゴルフボールの進化は、本当にスゴイです。


DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z-STAR ゴルフボール 1ダース ホワイト

松山英樹 使用ボール 2016

松山英樹選手の2016年使用ボールをご紹介します。

ダンロップと契約している松山選手は
Z-STAR XV を使用しています。

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z-STAR XV ゴルフボール 1ダース プレミアムホワイト

アゲンストで弾道の強さや
アプローチではフェースに食いつく感覚、
スピン性能を評価されています。

イボミ 使用 SRIXON ボール

今シーズン、賞金女王へ一直線のイボミ選手。
使用しているボールは、SRIXON Z-STAR.


SRIXON Z-STAR の詳細はこちら

Z-STARは、世界中のプロが使用しており、
松山英樹選手も使っています。

基本的にはスピンタイプのボールと言えますが、
反発力も非常に高く、
飛距離性能もかなり高いです。

飛んで、そして止まる、最高のボールと言えるでしょう。

Z-STARには、さらにXVというディスタンスタイプもあります。
こちらは、昨年の賞金女王のアン・ソンジュ選手が使用しています。

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z-STAR XV ゴルフボール 1ダース ロイヤルグリーン

ボールで飛距離は変わるのか?

ゴルフボールって
見た目は同じように見えます。

初心者の頃は、
値段が高いボールを使っても、
一球でOBにしてしまうこともあるし
安いボールを使う方が多いでしょう。

しかし、ボールによって
同じスイングでも
飛距離やスピン、方向性が
まるで違います。

ボールによって、芯の硬さや
カバーの硬さが違います。

そうすると、飛距離が変わります。

ドライバーやアイアンショットでの
スピン量も変わります。

スピン量が変わると、
ボールの曲がり方も変わります。

初心者の方や
まだスライスで悩んでいる方は、
真っ直ぐに飛びやすいボール、
つかまりやすくスライスしにくいボールを
使うといいでしょう。

例えば、これ↓↓

【ビッグドライブが進化する】2015新製品ブリヂストンゴルフ日本正規品PHYZ(ファイズ)ゴルフ…

松山英樹選手をはじめ男子プロ
そして女子プロも使うボールで
おすすめなのがZ-STAR。

ツアーモデルのボールにしては
珍しく芯が柔らかいので、
女子プロのようなヘッドスピードの方でも
使えます。

Z-STARの詳細はこちら

イボミ 使用 ゴルフボール

※2017年3月更新。

イボミ選手、2017年シーズンもいいスタートを切りました。

当然ながら日ごろからの努力が
この結果を生んでいることは
間違いありませんが、
使用ギアとの相性が非常に良いようです。

その中でも、
ずっと使用しているSRIXON Z-STARの2017年モデルが
非常に良いようですね。

SRIXON Z-STAR 2017年モデルの詳細はこちら

男子プロはもちろん
多くの女子プロも使用しています。

Z-STARは、
ツアーモデルのボールには珍しく、
コアが柔らかく、
カバーが硬くなっています。

ですので、ヘッドスピードが
それほど速くなくても
ボールがしっかりと潰れてくれますし、
打感が良く真っ直ぐ飛びます。

もちろん、アプローチの
スピン性能を犠牲に
しているわけではありません。

カバーの更に外側の
コーティングにまでこだわって
しっかりとスピンがかかるようになっています。

PROV1とZ-STARどちらが飛ぶ?

日本人プロゴルファー使用率
No.1、No.2のPROV1とZ-STAR。

アマチュアの方も
やはりこの2つのボールが
圧倒的に人気がありますね。

そしてよく議論されるのが、
どちらが飛ぶ?ということ。

正直、トータル飛距離という面では
それほど差はないと思います

しかし、飛び方に違いがあります。

Z-STARの方が高弾道で
PROV1は中弾道です。

アイアンやアプローチも違いがあり、
Z-STARは打ち出しから高弾道。
それに対してZ-STARは
低く出てめくれるような弾道になります。

どちらがいいのかは好みの問題かもしれません。

タイトリストPROV1最安値店はこちら


【新品】【日本正規品】【2015年モデル】ダンロップ スリクソン ゴルフボールDUNLOP SRIXON ZST…

Z-STAR XV 違い

SRIXON Z-STARは、
2種類ラインナップされています。


【新品】【日本正規品】【2015年モデル】ダンロップ スリクソン ゴルフボールDUNLOP SRIXON ZST…

Z-STARとZ-STAR XV

この両者の違いについてご紹介します。

簡単にいうと、
Z-STARがスピンタイプで
XVがディスタンスタイプです。

どちらもツアーでプロが使用するモデルですので、
飛距離性能も優れていますし、
スピン性能も素晴らしいです。

両者ともに言える特徴としては、
ツアーモデルにしては珍しく、
ボールの芯が柔らかくて
表層が硬いということ。

他のツアーモデルはその逆です。

ですので、フルショットでのスピンを
抑えることが出来て飛距離性能に優れます。

ただ、カバーはウレタンを使っており、
さらにコーティングにまでこだわり
アプローチでのスピン性能も
優れています。

Z-STARは3ピース
XVは4ピース

XVはコアが2層になっており
各ショットごとに最適なボールの潰れ方をして
最大飛距離を引き出すような仕組みになっています。
初速がより早く、飛距離重視なのは
打ってみるとすぐにわかります。


XVの詳細はこちら

SRIXON Z-STAR USモデルと日本モデルの違い

SRIXON Z-STARを購入しようと考えたとき、
USモデルと日本モデルの値段の違いに
驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

12球で1000円くらい差が出てきます。

これだけ差があると、
ボール自体が違うように思ってしまいます。

しかし、実際は、ボールは同じです。

ただ、作っている工場が違うわけです。
日本モデルは、made in Japanです。
USモデルは、別の国です。

その違いです。

正直、出来てくるボールは同じです。

それなら、USモデルを選ぼう!と考えるか
日本で作っている物の方が信頼できると考えるか・・・。


SRIXON Z-STAR 日本正規品


Z-STAR XV USモデル