キャメロンチャンプ 使用ボール 2019‐2020

今、アメリカツアーで最も飛ぶ選手と言えば、キャメロンチャンプ選手ですね。

2018‐2019年シーズンドライビングディスタンスNo.1(317.9ヤード)
2019‐2020年シーズンドライビングディスタンスNo.1(327.1ヤード)11月21日現在

このキャメロンチャンプ選手が使用しているボールが、日本が誇るツアーボールのSRIXON Z-STAR XVです。

DUNLOP(ダンロップ) ゴルフボール SRIXON Z-STAR XV ゴルフボール 2019年モデル 1ダース(12個入り) ホワイト

実は、キャメロンチャンプ選手は、学生時代からZ-STARシリーズを使っていました。
その理由を聞かれると「このボールが最も飛距離が出て、方向安定性にも優れているから」と答えています。

非常に飛距離が出ているのですが、実はこれでも試合では飛距離を抑えているんだそうです。

SRIXON Z-STAR の打感は硬い?

SRIXON Z-STARの2019年モデルの口コミを見ていると、打感に関する不満が出ているようです。

ツアーボールというと、柔らかな打感というイメージを持っている方も多いようですね。たしかに、カバーには柔らかい素材のウレタンが使われていますので、柔らかいというイメージが強いのかもしれません。

ですが、実はツアーボールのコアの部分は、硬いです。ロングショットでは、硬いコアが飛距離性能を支えています。Z-STARの2019年モデルは、2017年モデルよりも硬化されており、飛距離性能がアップしています。ですので、2019年モデルは前のモデルよりも硬いという感想が出るのは当然です。

ショートゲームでは、ソフトなウレタンカバーとコーティングがウエッジの溝に食いついて柔らかな打感と強烈なスピンが入ります。ロングショットでは、硬いコアが高い反発力を発揮して大きな飛距離を実現します。

ロングショットでの硬い打感というのは、実はプロも望んでいる選手が多いです。いわゆるソリッドな打感というやつですね。インパクトでしっかりと芯を感じることが出来るソリッドな打感というのが、魅力の一つでもあります。

SRIXON Z-STAR XV 2019年モデルの詳細はこちら

プロが使うツアーボールは飛ばない?

プロが使うツアーボールは飛ばない!という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
例えば、タイトリストPRO V1やテーラーメイドTP5、ブリヂストンツアーBなどなど。

結論から言うと、ヘッドスピードが遅い方は、飛ばない可能性があります。
ツアーボールというと、柔らかいというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。その柔らかさというのは、ウレタンカバー。カバーが柔らかいとショートゲームでは打感が柔らかく、ウェッジの溝に食いついてスピンが効いてくれます。

ですが、ロングショットで飛距離を左右するのは、カバーではなくコアの部分。ツアーボールはこのコアの部分が硬くなっています。ですのでロングショットではディスタンス系よりもツアーボールの方が硬さを感じる方もいるでしょう。硬い方が反発力が強く飛距離性能が高いのです。最近のツアーボールはカバーのウレタンが非常に薄くなってきており、カバーが柔らかいことによる飛距離のロスが非常に少なくなってきています。したがって基本的にツアーボールの方が飛びます。ですが、ヘッドスピードが遅い方の場合、コアの部分が硬すぎてスピン量が多くなってしまい飛距離をロスしてしまいます。また、サイドスピンもかかりやすく曲がりやすいのです。

ディスタンス系と言われるボールは、コアの部分が柔らかく、カバーが硬くなっています。ヘッドスピードがそれほど速くなくてもインパクトでボールがしっかりとたわむことと、カバーの反発力で飛ばすことが狙いです。
ですので、ヘッドスピードがある程度出る方はツアーボールの方が飛びますし、逆にヘッドスピードが遅い方はディスタンス系の方が飛ぶでしょう。

最近の傾向では、女子プロもツアー系ボールを使う選手が多くなっていますので、女子プロくらいのヘッドスピードでもツアーボールを使う方がメリットが多いと言えるのでしょう。


DUNLOP(ダンロップ) ゴルフボール SRIXON Z-STAR XV ゴルフボール 2019年モデル 1ダース(12個入り) プレミアムホワイト

SRIXON Z-STAR 2019 発売日

新しいSRIXON Z-STAR ボールが発売されます。

2018年の終盤から、契約プロにはすでに渡されており、日本の男子ツアー、女子ツアーで優勝者が出ています。男子での優勝は
稲森佑貴選手が日本オープンで、女子は香妻琴乃選手がマンシングウェアレディース東海クラシックで優勝しています。

発売日は、2月8日です。

SRIXON Z-STAR 2019年モデルの詳細はこちら