プロが使うツアーボールは飛ばない?

プロが使うツアーボールは飛ばない!という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
例えば、タイトリストPRO V1やテーラーメイドTP5、ブリヂストンツアーBなどなど。

結論から言うと、ヘッドスピードが遅い方は、飛ばない可能性があります。
ツアーボールというと、柔らかいというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。その柔らかさというのは、ウレタンカバー。カバーが柔らかいとショートゲームでは打感が柔らかく、ウェッジの溝に食いついてスピンが効いてくれます。

ですが、ロングショットで飛距離を左右するのは、カバーではなくコアの部分。ツアーボールはこのコアの部分が硬くなっています。ですのでロングショットではディスタンス系よりもツアーボールの方が硬さを感じる方もいるでしょう。硬い方が反発力が強く飛距離性能が高いのです。最近のツアーボールはカバーのウレタンが非常に薄くなってきており、カバーが柔らかいことによる飛距離のロスが非常に少なくなってきています。したがって基本的にツアーボールの方が飛びます。ですが、ヘッドスピードが遅い方の場合、コアの部分が硬すぎてスピン量が多くなってしまい飛距離をロスしてしまいます。また、サイドスピンもかかりやすく曲がりやすいのです。

ディスタンス系と言われるボールは、コアの部分が柔らかく、カバーが硬くなっています。ヘッドスピードがそれほど速くなくてもインパクトでボールがしっかりとたわむことと、カバーの反発力で飛ばすことが狙いです。
ですので、ヘッドスピードがある程度出る方はツアーボールの方が飛びますし、逆にヘッドスピードが遅い方はディスタンス系の方が飛ぶでしょう。

最近の傾向では、女子プロもツアー系ボールを使う選手が多くなっていますので、女子プロくらいのヘッドスピードでもツアーボールを使う方がメリットが多いと言えるのでしょう。


DUNLOP(ダンロップ) ゴルフボール SRIXON Z-STAR XV ゴルフボール 2019年モデル 1ダース(12個入り) プレミアムホワイト

タイトリスト PRO V1 2019 評価

タイトリストPRO V1 の2019年モデルが一般にも発売開始となりました。

これまでのタイトリストは、ドライバーもボールも、「飛び」を最重要項目に持ってきてはいませんでした。スピン性能や打感、安定したコントロール性能という部分の方が優先されてきました。

ところが、2018年にドライバーのTSシリーズが「飛び」にスポットを当ててきたことで、恐らくボールも「飛び」を意識してくるのだろうと考えられてきましたが、やはりその通りでした。
titleist-bana-

一番外側のウレタンカバーが更に薄くそして進化させることに成功しました。ショートゲームでのスピン性能やコントロール性能を向上させながらも、ロングショットでのスピード・飛距離性能の向上に役立っています。

そして、コアやカバー層も、どうすればスピード・飛距離を出すことが出来るのかと徹底的に研究されて開発されました。

実際に、PRO V1とV1Xを試打してみたことろ、どちらが飛ぶというわけでなく、飛距離性能はどちらも非常に良いように感じました。弾道がPRO V1の方が低めでV1Xの方が高め。打感がV1の方が柔らかい。ショートアイアンやショートゲームのスピン性能がV1Xは非常に良いですね。

世界No.1ボールの座がテーラーメイドのTP5に取られる危機感からか、2019年モデルのPROV1シリーズは非常にいいものが完成していると思います。


タイトリスト(TITLEIST) ゴルフボール 2019 Pro V1 ダブルナンバー ユニセックス T2026S-LEJ ホワイト


タイトリストPROV1Xの詳細はこちら

2019年モデルのツアーボールの特徴

2019年に入り、新しいボールが続々と発売開始されてきています。
まずは、SRIXON Z-STARとタイトリストPROV1。後にはテーラーメイドTP5なども発売されます。

2019年に発売されるツアーボールの特徴はどうなっているのでしょう。

まず、大きく印象が変わったのが、タイトリストPRO V1。昨年末に発売されたTSドライバーが飛距離に舵を切ってきましたが、やはりボールも飛距離を求める傾向が強くなっています。PRO V1は柔らかい打感を保ちつつも、低めの弾道と速い初速で飛距離アップさせました。PRO V1Xは、高弾道と速い初速に加えて、強烈なスピン性能を有しています。

【文字オンネーム】Titleist(タイトリスト)日本正規品 「PRO V1」、「PRO V1x」 ゴルフボール 2019新製品 1ダース(12個入り)

まだ発売されていませんが、テーラーメイドのTP5シリーズ。こちらは前のモデルも飛距離性能が優れていましたが、2019年モデルもやはり抜群の飛距離性能を有しています。今年からリッキーファウラーも契約していきなり優勝。本当に強い選手たちが使う強いボールです。

テーラーメイドTP5の詳細はこちら

横峯さくら 使用ボール 2019

長年ダンロップと契約していた横峯さくら選手が、2019年ダンロップと離れる決断をしました。

ゼクシオと言えば横峯さくらのイメージを持っているファンも多かったかもしれませんが、ドライバーから全てダンロップ以外のクラブを使用するようです。

ボールも同様で2019年は、タイトリストPROV1を使用していくようです。

【マラソン期間限定 ポイント5倍】2/9 20:00 – 2/16 1:59まで★【オウンネーム】【2019年モデル】 タイトリスト プロV1 V1X ボール(ホワイト) 1ダース(12球)titleist PRO V1 PRO V1X

リッキーファウラー 2019使用ボール

先日、リッキーファウラーがテーラーメイドとボール使用契約を結んだことをご紹介しましたが、いきなりやってくれました。

テーラーメイドと契約を結んで、ボール使用開始から2戦目の「ファーマーズインシュランスオープン」で優勝。
本当に、このボールは凄いですね。もちろんボールが凄いというよりもプレーヤーがスゴイのが前提ですが、世界のトップランカーたちがこぞって使いたくなる理由があるのでしょうね。

リッキーが使っているのは、TP5Xの方。
選んだ理由として、
・世界のトッププレーヤーが使って好成績を収めているから興味を持った。
・実際に使ってみて、飛距離が伸びただけでなく、グリーン周りのでスピン量が増えた。
・コントロールしやすい。
などという理由を主に挙げておられました。

テーラーメイドTP5Xの詳細はこちら

その他のテーラーメイドTP5Xに関する記事はこちら

SRIXON Z-STAR 2019 発売日

新しいSRIXON Z-STAR ボールが発売されます。

2018年の終盤から、契約プロにはすでに渡されており、日本の男子ツアー、女子ツアーで優勝者が出ています。男子での優勝は
稲森佑貴選手が日本オープンで、女子は香妻琴乃選手がマンシングウェアレディース東海クラシックで優勝しています。

発売日は、2月8日です。

SRIXON Z-STAR 2019年モデルの詳細はこちら

ウレタンボールで値段が安いモデルは?

主にツアーボールに使われるウレタンカバー。世界で最も多く使用されるタイトリストのPROV1、松山英樹選手ら日本人プロが多く使うSRIXON Z-STAR、世界ランキングトップの選手がこぞって使用するテーラーメイドTP5など、ほとんどのトッププロが使用するボールがウレタンカバーのボールです。

打感が柔らかく、スピンが効いて、コントロール性に優れます。

ただ、価格が高いということが、我々アマチュアにとって問題。ティーショットでOBを打ってしまって、NEWボールがたったワンショットでなくなってしまうことなんて普通にありますもんね。

そんな値段が高いウレタンカバーのボールですが、比較的お買い求めやすいボールが、ホンマのTW-X。日本メーカーのホンマが作ったツアーボールで、前述したボールと比較して、性能面は全く遜色ありません。

ホンマTW-Xの詳細はこちら

タイトリストPROV1 2019年モデル 発売日

タイトリストのプロV1ボールの2019年モデル発売日が発表されました。

発売日は、2月8日です。

2019年モデルはイエローもラインナップされており、その発売は3月と発表されています。


無料オウンネーム対応・1ダース価格 タイトリスト PRO V1 / PRO V1x ゴルフボール 2019年モデル

リッキーファウラーがテーラーメイドTP5Xを使用

リッキーファウラーもテーラーメイドのボールを使用することになりました。

これまでタイトリストのPROV1を使用してきましたが、2019年1月21日にテーラーメイドと契約したことを発表しました。

使用するボールは、TP5X。

TAYLOR MADE(テーラーメイド) ゴルフボール TP5x 2017年モデル 12個入り ホワイト B1345901

これで、世界ランク上位12人中6人(ジャスティン・ローズ、ダスティン・ジョンソン、ジョン・ラーム、ローリー・マキロイ、ジェイソン・デイがテーラーメイドのボールを使用することになります。

ちなみに、テーラーメイドの新しいTP5シリーズが3月中旬に発売されるようです。

タイトリストPROV1 2019年モデル

タイトリストのPRO V1の2019年モデルが、ツアープロたちに支給されています。

まだ各選手たちはテスト段階ですが、すでにラウンドで使用している選手もおり、その感想が伝わってきています。

PRO V1 の2019年モデルですが、飛距離性能がかなり伸びているそうです。藤田寛之選手や谷口徹プロがその飛距離性能を評価されています。

これは単なる宣伝で過大評価しているわけではありません。同じくタイトリストのNEWモデルであるTSドライバーが、重心を深く、低く、慣性モーメントを大きくして、飛距離アップを図ってきました。世界のゴルフが、低スピンでストレート系のビッグボールが主流となってきていますが、タイトリストもその流れに乗ってきたことが明確になったのです。

今、テーラーメイド勢が使っているTP5ボールが、スピン量を減らして飛距離性能を上げて多くの選手が大活躍していますが、タイトリストも同じような方向性になってきているのでしょう。

まだまだ詳細は分かっていない部分が多いのですが、恐らく、飛距離性能がアップしているというのは、本当との所なのだと思われます。

発売は、これまでモデルと同じようなスケジュールになるなら、2019年の年明けになるでしょう。世界中で最も使用されるゴルフボールであるタイトリストPROV1.その2019年モデルの発売が本当に楽しみです。


スポンサーリンク

フェースを返して打つことで飛ばすことが出来る

飛ばないと悩むアマチュアゴルファーが多いですが、根本的にゴルフスイングについて間違った知識を持っている方が多いようです。

インパクトゾーンのクラブの動かし方ですが、皆さんはどのように考えていますか?
フェースの向きをできるだけ目標方向に真っ直ぐ向けて動かす?長いインパクトゾーンってフェースの向きを真っ直ぐ長く?
そんな風に考えている方も多いのではないでしょうか。

実は、間違いです。
フェースは返すものです。開いて入ってきたフェースがしっかりとローテーションして返していくのが基本です。

ドライバーショットでもアイアンショットでも同じです。
アイアンショットでは、フェースを返していくことで、低く長いインパクトゾーンを作ることが出来、大きなターフを取れるようになります。

プロが直ドラを打ちますよね?ティアップせずに地面の上にあるボールを打つことですが、プロは出来ますがほとんどのアマチュアは出来ないと思います。プロはちゃんとフェースを返すから地面にあるボールをドライバーでも打つことが出来ます。アマチュアは真っ直ぐフェースを出そうとするので、フェースに当たったとしても下に当たって低いライナーしか出ません。

フェースを返すということは、ゴルフスイングの基本中の基本です。ここからはじめれば、ゴルフの上達は非常に早いです。


スポンサードリンク


ボールのどこを打つのが正解?

皆さんは、ボールのどこを打とうとしていますか?

例えば、アイアン。
・リーディングエッジがボールの真ん中(赤道)部分に上から入ってくる
・スコアラインの下から2本目あたりがボールの真ん中(赤道)部分に入ってくる
・地面すれすれにアイアンが下りてきて、地面をこするようにボールにヒットする

いくつか答えがあるかと思います。
私自身、これら全て聞いたことがあります。ゴルフ雑誌にも全部載っています。

実際に、イメージはプロでもそれぞれ違いますが、事実として赤道部分にリーディングエッジから入ってくることはありません。地面すれすれにアイアンが下りてきて、地面すれすれでボールをヒットしています。

「それだとダフるんじゃない?」
と感じた方はインパクト前にヘッドをしゃくるような動きが入っている、外からヘッドが入ってきている、ヘッドを返すことが出来ていない、という問題点があるはずです。

ダウンスイングでは、インサイドの低い位置にヘッドが降りてきて、そこからヘッドを返していくことでクリーンにボールをとらえて、ボールとコンタクトした直後にターフを取ってフォローへ抜けていきます。


スポンサードリンク


値段が安いボールは飛ばない?

値段が安いボールは飛ばないでしょうか?

ゴルフボールは、プロが使用するツアーボールは、定価で1球700円くらいとかなり高額です。このボールを朝一のティーショットでOB・ロストしてしまうと、本当に悲しくなりますね。NEWボールを朝一で紛失して、勿体ないから次から安いボールを使うなんてこともあるでしょう。何故か安いボールはすぐにはロストせずに長持ちするんですよね(苦笑)ゴルフあるあるです。

では、値段が安いボールって飛ばないでしょうか?
結論から言うと、有名メーカーの安いボールは、普通に飛んでくれます。タイトリストやSRIXONと言った有名ブランドのボールでも、比較的安いモデルがありますが、どのモデルもしっかり飛んでくれます。もちろん、打感やスピン量などは違います。

ただ、見たことのないようなメーカーのボールは、著しく飛ばないボールも結構あります。打感も最悪だったりします。今、100均でゴルフボールが打っているところもあるようですが、それよりは有名メーカーの安いボールをお勧めします。

タイトリスト HVC ソフトフィール

ゼクシオプレミアム2018 ふるさと納税

人気のゼクシオプレミアムボールの最新2018年モデルが、早くもふるさと納税の返礼品として登場しました。

高い打ち出し角からの低スピンボールで、ビッグキャリーが期待できます。

インパクト時にソフトなコアがしっかりとたわんでくれますので、スピン量が少なくなります。これはバックスピン量だけでなく、サイドスピン量も少なくなるということですので、曲がり幅も少なくなってくれます。実は、ドライバーを変えるよりもボールを変えた方が、ボール飛距離やコントロール性能に差が出る場合もあります。是非お試しいただければと思います。

更には、ふるさと納税の返礼品として手に入れることで、実質負担が2,000円で3ダースももらえる自治体があります。ゼクシオプレミアムは高性能なボールであるので、お値段も少し高いのですが、ふるさと納税を有効に使うことでお得に手に入れることが出来ます。

【ふるさと納税】ゴルフボールゼクシオプレミアム2018モデル3ダース36球

JGRボールがふるさと納税の返礼品でもらえる

ブリヂストンから登場したNEWモデル「JGR」ボール。
早くも、ブリヂストンの御膝元である福岡県久留米市では、ふるさと納税の返礼品として提供されています。

【ふるさと納税 福岡県久留米市 JGRボール】

寄付金額に応じて、1ダースか3ダースを選ぶことが出来ます。どちらにしても2000円を引いた額が、翌年の税金から控除されますので、実質負担が2000円で返礼品をいただくことが出来ます。
一時的には、多くの金額を支払うことになりますが、2000円を引いた額が控除されますので、実質負担が2000円ということになります。