SRIXON Z-STAR の打感は硬い?

SRIXON Z-STARの2019年モデルの口コミを見ていると、打感に関する不満が出ているようです。

ツアーボールというと、柔らかな打感というイメージを持っている方も多いようですね。たしかに、カバーには柔らかい素材のウレタンが使われていますので、柔らかいというイメージが強いのかもしれません。

ですが、実はツアーボールのコアの部分は、硬いです。ロングショットでは、硬いコアが飛距離性能を支えています。Z-STARの2019年モデルは、2017年モデルよりも硬化されており、飛距離性能がアップしています。ですので、2019年モデルは前のモデルよりも硬いという感想が出るのは当然です。

ショートゲームでは、ソフトなウレタンカバーとコーティングがウエッジの溝に食いついて柔らかな打感と強烈なスピンが入ります。ロングショットでは、硬いコアが高い反発力を発揮して大きな飛距離を実現します。

ロングショットでの硬い打感というのは、実はプロも望んでいる選手が多いです。いわゆるソリッドな打感というやつですね。インパクトでしっかりと芯を感じることが出来るソリッドな打感というのが、魅力の一つでもあります。

SRIXON Z-STAR XV 2019年モデルの詳細はこちら

スポンサードリンク

コメントを残す